介護保険について

介護保険とは、一般的に国の制度を指します。社会の高齢化に対し、日本で2000年(平成12年)度から介護保険法により設けられた社会保険制度です。法附則の規定に基づく制度全般の見直し時期を迎え、2006年4月から新たなシステムがスタートしています。改革の目玉は、介護予防を重視したシステムへの転換にあると言えます。
その内容は、予防プランやリハビリによる、要介護状態の軽減、悪化防止を目的とした「新予防給付」と、市町村が予防メニューを実施する「地域支援事業」の2つの構成になっている。

介護保険の保険料は、要介護状態にある人が介護サービスを利用する際、その費用を被保険者から徴収する保険料だけでなく、国・都道府県・市町村が負担するという特徴があります。

また、民間にも介護保険があります。これは、国が行う公的介護保険と区別し、介護費用保険と呼ぶのが一般的です。
生命保険会社が取り扱う介護保険もあり、終身保険・養老保険など貯蓄型の生命保険を、保険料の支払終了時や満期時に介護保険に切り替える事ができる制度を定めています。 なお、医療保険と同様に、支払った保険料の多くは営業費用などに用いられるため、「支払保険料<受取保険金」となることがほとんどです。

このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

« 子供保険について | ホーム | ペット保険について »

このページの先頭へ