バイク保険について

バイク保険は、被害者への金銭的な救済・加害者の賠償資力の確保・事故にあった際のライダーの治療費の確保などを目的に加入するものです。
バイクは歩行者や自転車に対しては加害者、車に対しては被害者、という中間の位置に存在します。加害者の場合、刑事罰は罰金の支払いや交通刑務所に入れば償えますが、被害者への補償は自身で支払う必要があります。万が一、被害者が死亡した場合、その賠償金は数千万円から数億円となり、とても個人では負担できません。それを補うために対人賠償保険に加入するのです。

バイク保険の種類には、自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」で、強制保険とも呼ばれ、事故の被害者となった人に対し、最低限の保障をするために加入が義務付けられている保険のことを指します。自賠責保険の補償限度額は、対人死亡・後遺障害3000万円、傷害120万円です。任意保険とは、バイクの所有者が任意で加入する保険のことを指します。これは、事故が発生したときに、自賠責保険では補えない損害を補償するものです。強制保険は補償の範囲・対象が狭いのに対し、任意保険には対人保険(人間が対象)、対物保険(物品が対象)、搭傷保険(バイクの運転手、後部座席に乗ったタンデムの人も対象)などがあります。任意保険は、これらについて対人、対物、塔傷について個別で加入することも、組み合わせて加入することもできます。

このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

« 【PR】火災保険屋.com | ホーム | 地震保険について »

このページの先頭へ