生命保険見直しについて

保険見直しは、最近注目されるようになったものです。一生同じ保険であるという時代は、もはや終わりを迎えました。今後は、ライフスタイルに合わせ、最低限の費用で、必要な保証を受けられるような見直しが求められるのです。
ここで、特に注目されている生命保険の見直し方を、目的に合わせて紹介します。

1)保障額の不足に対する見直し
 ・中途増額:途中から保障額を大きくする方法です。子供が生まれたときなど、保障額が大きく変化したときに有効です。
 ・特約中途付加:今加入している生命保険に特約を付け加えます。
 ・新規加入:単体で生命保険に加入した方が条件がいいとき、生命保険会社を分散してリスクヘッジしたいときなどに有効です。

2)保障を削りたいときの見直し
 ・中途減額:保障額を途中から小さくします。主契約を減額すると、特約に影響が出ることがありますので注意が必要です。
 ・解約:生命保険の保障内容が必要なくなったときなどに有効です。ただ、むやみに解約すると損をする可能性があります。
 ・特約解約:生命保険の主契約を残し、特約部分のみ解約することもできます。生命保険会社によっては制限があります。

3)生命保険の種類を変えたいときの見直し
 ・契約転換:今契約している生命保険を下取りに出して、新しい生命保険に加入する見直し方法です。
 ・乗り換え:生命保険を解約して、他の生命保険に契約し直します。

4)保険料の払込みをやめて保障を残したいときの見直し
 ・払済保険:保険料の払込みを止めて、一時払いの終身保険(または養老保険)に変更する方法です。
 ・延長保険:保険料の払込みを止めて、一時払いの定期保険に変更する方法です。


このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

« 地震保険について | ホーム | 一日だけの自動車保険が500円 »

このページの先頭へ