保険情報について

保険情報には、2つの収集パターンがあります。

ひとつは、保険の窓口やセールスマン/レディに直接話を聞くという方法と、もうひとつは、インターネットなどで情報を拾い集めるという方法です。
インターネットの普及により、保険会社や一般の人たちでも、ウェブサイト・ブログ・ソーシャルネットワーキングサービスなどの方法で保険の情報を公開・交換したり、閲覧したりすることが容易になってきました。多くの情報を一度に比較できるというウェブサイトまであります。しかし、この方法で確実に自分に合った保険を探し出せるかというと、それは難しいかもしれません。保険は、それぞれの生活サイクルや環境に応じて、大きく変化するからです。

保険の窓口などで、直接話を聞くという方法は、店舗に足を運んだり、人と話をする手間はあるものの、その場で疑問を解決できるという大きなメリットがあります。また、自分の人生プランにあわせた、将来まで見据えた保険を紹介してくれるという点も見逃せません。

どちらが優れているということはありませんので、両方を上手く活用して保険情報を収集するというのが、損をしない保険選びの方法だと言えます。結局どちらも手間がかかるのですから、そこは「良い保険を選ぶためと」割り切って考えることをお勧めします。

このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

, , , ,

2011年7月 5日

喜泉堂 (14:51)

カテゴリ:保険

« 【PR】 保険工房 得選館 高見店 | ホーム | 火災保険について »

このページの先頭へ