入院保険について

入院保険は、医療保険における入院についての保証を指します。保険会社は、医療保険にいろいろな特約を加え、入院保険として販売をしている、というのが実状です。終身保険に特約を加えて、独自の入院保険として紹介しているのです。

保障内容は、怪我などをして入院したなどの場合ならば、入院日数に応じて保険金が給付されます。もし、自宅療養の場合、あくまでも入院としていますので、対象外です。

保証を受けるためには、入院していることが条件となるため、怪我が原因で業務に支障があっても保障されません。ちなみにこういった場合の保障としては、所得保障保険や休業保障保険などへの加入が必要になります。
最近では、単独で医療保険に加入出来るものも増えてきています。高齢者をターゲットとした保険(アリコのはいれますシニア入院保険など)は病気とケガだけを保障する保険です。

こうした保険は、最近になって特に注目されるようになりました。その理由には、国の医療保障制度が信用できない、高齢化社会に対し不安がある、などが挙げられます。ただし、必ずしも民間の保険に入る必要もない、という新しい考え方も出てきていますので、必要性という点でも保険は見直されているのではないでしょうか。


このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

, , , , ,

2011年7月25日

喜泉堂 (16:13)

カテゴリ:保険

« 保険見直しについて | ホーム | 子供保険について »

このページの先頭へ