傷害保険について

傷害保険は、予測不可能な傷害に対し、保証を行うためのものです。一般的に生命保険の一部として理解されているため、単独で扱われることは少ないようです。

傷害保険と生命保険の違いは保険の適用範囲です。傷害保険は、傷害を対象に保険金が支払われます。傷害とは偶然起きた事故による怪我・死亡を示すものですので、傷害保険の適用範囲に病気は含まれていません。生命保険の適用範囲は、人の生死が基準ですので、病気も含まれます。

傷害保険の特徴のひとつに、保険料の判断基準が、業種・職種に限定されることが挙げられます。そのため、一般的な生命保険のように、年齢が加入拒否の理由になることはありません。また、傷害保険は、怪我に対する補償を目的に掛けられる保険ですので、健康状態を問われることもありません。

傷害保険は、補償の範囲や、期間なども細かく設定できるのが特徴です。ですから、より自分に適した傷害保険を、必要と感じたときから、必要な分だけ掛けられる、非常にフレキシブルな保険であると言えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

,

2011年7月22日

喜泉堂 (00:31)

カテゴリ:保険

« 一日だけの自動車保険が500円 | ホーム | スポーツ保険について »

このページの先頭へ