ガン保険について

ガン保険は、ガンと診断された時や入院された時に、ガンの治療を行うために必要な、経済的備えとなる保険です。最近では、定期的なメディカルチェックを受けるための健康お祝い金がでたり、診断給付金が何度も支払われたりと、各社各様の保険が販売されています。

ガンという病気は、1980年以降、日本人の死亡原因のトップに君臨し続けています。
2004年の統計では、年間死亡総数・約103万人のうち、実に32万人と、およそ3人に1人がガンが原因で志望しています。
しかし、医療技術の発展に伴い、ガンは治る時代がやってきました。ところが、ガンを治そうと最先端の治療法や、自由診療扱いとなる治療・医薬品を使おうとする場合、高額な治療費を必要とするでしょうし、他の病気と比べても再入院の確率が高いため、長期に渡っての出費を覚悟しなくてはなりません。そのため、今や、国民病とまでなったガンの保険に、大きな注目が集まっているのです。

ガンは国民の関心ごとですので、その治療をフォローしたり、いざという時の備えとなる保険にも、大きな関心が集まっています。そのため、各保険会社が様々な商品を取り揃えています。自分の生活サイクル・目的に合わせ、納得のいくガン保険を選択するようにしましょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク         

タグ

« 簡易保険について | ホーム | 損害保険について »

このページの先頭へ