2011年7月アーカイブ

ペット保険について

ペット保険とは、その名の通り、ペットに対して発生した予測不可能な状況について、保証を行うものです。
今や、国内のペットは、飼育というよりも家族という位置づけが強くなっています。日本の世帯の約35%がペットと暮らしているということから、我々の日常生活に、いかにペットが根付いてきたかが分かるのではないでしょうか。

人間の平均寿命が伸びているのは、医療の発達にあるように、ペットの寿命も医療技術の発達によって延びています。結果として、人間の高齢化社会と同じように、ペットの高齢化社会も訪れているのです。そのため、ペットもがんや白内障などの病気にかかる率も上昇していったのです。
こうした病気に対し、医療保険制度のないペットは、治療費が高額になるというケースが多く見受けられるようになってきました。場合によっては、人間以上の医療費がかかることもありえるのです。そのため、ペットの保険が商品として注目を集めるようになってきたという背景があるのです。

保険とは言いますが、厳密には保険ではありません。正確には、会員又は組合委員が任意で掛け金を積み立て、必要に応じて払い戻しを受ける「共済事業による相互扶助制度」です。「保険」が国による許認可事業であることに対し、「共済事業」は飼い主達らによる、クラブ・サークル活動的なものと言えます。

タグ

, , , , ,

2011年7月29日

喜泉堂 (14:00)

カテゴリ:保険

介護保険について

介護保険とは、一般的に国の制度を指します。社会の高齢化に対し、日本で2000年(平成12年)度から介護保険法により設けられた社会保険制度です。法附則の規定に基づく制度全般の見直し時期を迎え、2006年4月から新たなシステムがスタートしています。改革の目玉は、介護予防を重視したシステムへの転換にあると言えます。
その内容は、予防プランやリハビリによる、要介護状態の軽減、悪化防止を目的とした「新予防給付」と、市町村が予防メニューを実施する「地域支援事業」の2つの構成になっている。

介護保険の保険料は、要介護状態にある人が介護サービスを利用する際、その費用を被保険者から徴収する保険料だけでなく、国・都道府県・市町村が負担するという特徴があります。

また、民間にも介護保険があります。これは、国が行う公的介護保険と区別し、介護費用保険と呼ぶのが一般的です。
生命保険会社が取り扱う介護保険もあり、終身保険・養老保険など貯蓄型の生命保険を、保険料の支払終了時や満期時に介護保険に切り替える事ができる制度を定めています。 なお、医療保険と同様に、支払った保険料の多くは営業費用などに用いられるため、「支払保険料<受取保険金」となることがほとんどです。

タグ

子供保険について

子供保険には大きく3つのタイプがあります。

1)学資保険:学資(教育資金)に重点をおいた保険。
2)傷害保険:ケガや病気の医療を保証に重点をおいた保険。親に万が一ことがあった場合に子どもの生活費や教育費も含む。
3)混合:1と2を合わせた保険。

学資保険は、「かんぽ学資保険」として郵便局が取り扱っている学資保険が有名です。最近では、それ以外の保険会社からも学資保険がでています。
内容でも、払い込んだお金よりも多くもどってくるタイプや、返戻金は元金よりも多くもどってはこないがそれ以外の保障や支払いの条件がよくなるタイプや、また、お祝い金は払われる時期が異なるなどの差があります。学資保険に加入する場合は、比較を行うことが重要になってきます。

医療や入院を重視した子供保険では、入院特約を受け取るために必要な日数や、通算日数、給付金額を十分に確認することが必要です。親の保険の子供特約だけでは間に合わないのか、などについての検討も必要でしょう。

子供単独の考え方でなく、親にもしものことがあった時の保証となりますので、充分に内容を確認した上で、ライフスタイルに合わせた保険を選ぶことが重要です。

タグ

, , , , , ,

2011年7月26日

喜泉堂 (14:46)

カテゴリ:保険

入院保険について

入院保険は、医療保険における入院についての保証を指します。保険会社は、医療保険にいろいろな特約を加え、入院保険として販売をしている、というのが実状です。終身保険に特約を加えて、独自の入院保険として紹介しているのです。

保障内容は、怪我などをして入院したなどの場合ならば、入院日数に応じて保険金が給付されます。もし、自宅療養の場合、あくまでも入院としていますので、対象外です。

保証を受けるためには、入院していることが条件となるため、怪我が原因で業務に支障があっても保障されません。ちなみにこういった場合の保障としては、所得保障保険や休業保障保険などへの加入が必要になります。
最近では、単独で医療保険に加入出来るものも増えてきています。高齢者をターゲットとした保険(アリコのはいれますシニア入院保険など)は病気とケガだけを保障する保険です。

こうした保険は、最近になって特に注目されるようになりました。その理由には、国の医療保障制度が信用できない、高齢化社会に対し不安がある、などが挙げられます。ただし、必ずしも民間の保険に入る必要もない、という新しい考え方も出てきていますので、必要性という点でも保険は見直されているのではないでしょうか。


タグ

, , , , ,

2011年7月25日

喜泉堂 (16:13)

カテゴリ:保険

保険見直しについて

保険の見直しは、現在非常に注目されるようになってきたテーマです。
以前は、一度保険に加入したら、それこそ死ぬまでその保険に保険料を支払い続けるというのが、当たり前のようになっていました。しかし、収入などの差によって、保険料が家計を圧迫するような状況になったり、家族が増えるなどの生活環境の変化に伴って、これまで加入していた保険を見直さなくてはならない、という状況が多く見受けられるようになってきたのです。

とは言え、これまで加入していた保険の内容を変えたり、場合によっては解約するとなると、気持ち的にも作業的も大きな負担になると考えている人がほとんどではないでしょうか。多少の支払いの多さに目をつぶっても、加入しっぱなしである方が、簡単ではないかと考えている筈です。

保険料は、月々は僅かな金額ですが、年単位で考えると大きな差になります。僅かな保険料を惜しんだために、必要な保証が受けられなかったり、受ける可能性の乏しい保証に対し、何十年も保険料を払っていたら、大きな出費になることでしょう。
これまで保険は受け身として考えられるものでしたが、最近はそれが見直され、積極的に被保険者が内容を組み立てるような状況に変化していったのです。

タグ

, , , , ,

2011年7月24日

喜泉堂 (12:55)

カテゴリ:保険

ゴルフ保険について

ゴルフ保険とは、ゴルフを行う上で発生した、予想のつかない被害・損害を保証してくれるものです。最近注目されているサービスで、まだまだ扱いは一般的ではありませんが、ゴルファーの中では有名になりつつあります。
ゴルフのプレイ中に発生した事故・賠償だけでなく、ゴルフのための移動中でも保証の範囲があることが特徴です。また、ホールインワンなども、この保険では予測不能な出費として捉えられ、お祝い品などの保証もしてくれるという、面白い点もあります。

基本的にゴルフは1日、もしくは1泊2日程度がほとんどです。ですから短期の保険が求められるところですが、1日500円からの手軽なサービスが、注目を浴びている理由と言えそうです。これならば、たまにしかゴルフをしない人や、初めてゴルフでコースを回る人などにも、手軽に加入できそうです。
申し込みは、クレジットカードがあれば簡単にインターネットから申し込みが可能となっていますので、ゴルフのお供に保険をつけるのはいかがでしょうか。


タグ

, , , , ,

2011年7月23日

喜泉堂 (15:46)

カテゴリ:保険

スポーツ保険について

スポーツ保険は、スポーツを行った際に発生する、予測不能な事態に対する保証をするものです。基本的にまだまだ一般的なものではないので、内容についてはほとんど知られていないのが実状です。スポーツ保険にはさまざまな種類があるので、スポーツをされる方は知っておけば、いざという時に役立ちます。

ゴルフやスキーなどには「ゴルフ保険」や「スキー保険」といった、それぞれに応じたスポーツ保険もありますが、旅行やレジャー用のあらゆるスポーツを網羅したスポーツ保険もあります。
旅行やレジャーの場合はテニスをしたり釣をしたり、ゴルフをしたりと様々なスポーツが計画に組み込まれている場合があるので、旅行レジャー用のスポーツ保険がお勧めできます。

スキー・スノーボード・ゴルフ・テニスのようなスポーツの初心者は、スポーツを始めるのに不安と期待がある筈です。あるいは、昔やっていたけど久しぶりにするという人も、同じかもしれません。そういう時に、もしもの備えとしてスポーツ保険に入っておくことで、スポーツを心から楽しむことできるのではないでしょうか。

タグ

, , ,

2011年7月22日

喜泉堂 (20:03)

カテゴリ:保険

傷害保険について

傷害保険は、予測不可能な傷害に対し、保証を行うためのものです。一般的に生命保険の一部として理解されているため、単独で扱われることは少ないようです。

傷害保険と生命保険の違いは保険の適用範囲です。傷害保険は、傷害を対象に保険金が支払われます。傷害とは偶然起きた事故による怪我・死亡を示すものですので、傷害保険の適用範囲に病気は含まれていません。生命保険の適用範囲は、人の生死が基準ですので、病気も含まれます。

傷害保険の特徴のひとつに、保険料の判断基準が、業種・職種に限定されることが挙げられます。そのため、一般的な生命保険のように、年齢が加入拒否の理由になることはありません。また、傷害保険は、怪我に対する補償を目的に掛けられる保険ですので、健康状態を問われることもありません。

傷害保険は、補償の範囲や、期間なども細かく設定できるのが特徴です。ですから、より自分に適した傷害保険を、必要と感じたときから、必要な分だけ掛けられる、非常にフレキシブルな保険であると言えます。

タグ

,

喜泉堂 (00:31)

カテゴリ:保険

一日だけの自動車保険が500円

こんな保険が欲しかった!

NTTドコモが保険サービス強化し、1日自動車保険も販売されるとのこと。

「ドコモ ワンタイム保険」にて提供が開始されるようです。
http://onetime.nttdocomo.co.jp/

ちなみに、車両補償付きは1000円です。
友人などの車を運転する際に便利な借用車向け1日自動車保険。

じつはこんな保険が欲しかったんですねー。

年齢制限や家族限定が掛かっていて、運転できなかったこともしばしば。
一人の運転手に無理をさせてしまいましたが、この保険にその場で加入すれば、車の運転を手伝ってあげることも出来るようになりますね!

詳しくは、下記をご覧ください。
--------------------
●ドコモが保険サービス強化 "クルマ離れ世代"向け1日保険も - ITmedia +D モバイル 
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/1107/15/news087.html

タグ

, , , , , ,

2011年7月18日

喜泉堂 (12:19)

カテゴリ:保険

生命保険見直しについて

保険見直しは、最近注目されるようになったものです。一生同じ保険であるという時代は、もはや終わりを迎えました。今後は、ライフスタイルに合わせ、最低限の費用で、必要な保証を受けられるような見直しが求められるのです。
ここで、特に注目されている生命保険の見直し方を、目的に合わせて紹介します。

1)保障額の不足に対する見直し
 ・中途増額:途中から保障額を大きくする方法です。子供が生まれたときなど、保障額が大きく変化したときに有効です。
 ・特約中途付加:今加入している生命保険に特約を付け加えます。
 ・新規加入:単体で生命保険に加入した方が条件がいいとき、生命保険会社を分散してリスクヘッジしたいときなどに有効です。

2)保障を削りたいときの見直し
 ・中途減額:保障額を途中から小さくします。主契約を減額すると、特約に影響が出ることがありますので注意が必要です。
 ・解約:生命保険の保障内容が必要なくなったときなどに有効です。ただ、むやみに解約すると損をする可能性があります。
 ・特約解約:生命保険の主契約を残し、特約部分のみ解約することもできます。生命保険会社によっては制限があります。

3)生命保険の種類を変えたいときの見直し
 ・契約転換:今契約している生命保険を下取りに出して、新しい生命保険に加入する見直し方法です。
 ・乗り換え:生命保険を解約して、他の生命保険に契約し直します。

4)保険料の払込みをやめて保障を残したいときの見直し
 ・払済保険:保険料の払込みを止めて、一時払いの終身保険(または養老保険)に変更する方法です。
 ・延長保険:保険料の払込みを止めて、一時払いの定期保険に変更する方法です。


タグ

地震保険について

地震保険は、地震に対する保証として登場した保険です。ここでは、その概要について紹介します。

地震保険は「地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災・損壊・埋没または流失による損害を補償する」、地震災害専用の保険です。対象は居住用の建物と家財です。火災保険では、地震を原因とする火災による損害や、地震により延焼・ 拡大した損害は補償されません。

地震保険の対象は居住用の建物と家財です。
地震保険の契約金額は、建物5,000万円、家財1,000万円を限度に、火災保険の30%~50%の範囲内で決めることが可能です。

地震保険の保険料は、建物構造(木造・非木造)・等地別(4等地)により算出されます。
また、割引制度として、「建築年割引」と「耐震等級割引」の2種類が設けられており、建築年または耐震性能により10~30%の割引が適用されます(重複不可)。

地震保険は、火災保険に付帯する方式での契約となりますので、火災保険への加入が前提となります。火災保険に付帯する方式での契約となりますので、地震保険は火災保険とセットで契約が必要になります。既に火災保険を契約されている場合、契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。

タグ

, , , , , , ,

2011年7月17日

喜泉堂 (23:33)

カテゴリ:保険

バイク保険について

バイク保険は、被害者への金銭的な救済・加害者の賠償資力の確保・事故にあった際のライダーの治療費の確保などを目的に加入するものです。
バイクは歩行者や自転車に対しては加害者、車に対しては被害者、という中間の位置に存在します。加害者の場合、刑事罰は罰金の支払いや交通刑務所に入れば償えますが、被害者への補償は自身で支払う必要があります。万が一、被害者が死亡した場合、その賠償金は数千万円から数億円となり、とても個人では負担できません。それを補うために対人賠償保険に加入するのです。

バイク保険の種類には、自賠責保険と任意保険があります。
自賠責保険の正式名称は「自動車損害賠償責任保険」で、強制保険とも呼ばれ、事故の被害者となった人に対し、最低限の保障をするために加入が義務付けられている保険のことを指します。自賠責保険の補償限度額は、対人死亡・後遺障害3000万円、傷害120万円です。任意保険とは、バイクの所有者が任意で加入する保険のことを指します。これは、事故が発生したときに、自賠責保険では補えない損害を補償するものです。強制保険は補償の範囲・対象が狭いのに対し、任意保険には対人保険(人間が対象)、対物保険(物品が対象)、搭傷保険(バイクの運転手、後部座席に乗ったタンデムの人も対象)などがあります。任意保険は、これらについて対人、対物、塔傷について個別で加入することも、組み合わせて加入することもできます。

タグ

【PR】火災保険屋.com

くらべてみてください!

住宅ローン専用火災保険。なんと耐火構造・省令準耐火建物なら保険期間30年保険金額2000万円で73000円~!(東京都)

家を買うとき,勧められたまま火災保険に加入していませんか?

詳しくはホームページで!
火災保険屋.com
http://kasaihoken-ya.com

390-0866
長野県松本市城山21-16
0263-87-0116
火災保険屋

タグ

, ,

2011年7月13日

喜泉堂 (13:30)

カテゴリ:保険代理店紹介

損害保険について

損害保険とは、損害保険会社が取り扱う保険商品の総称したものです。略して「損保」とも呼ばれます。
風水害などの自然災害や、自動車の衝突事故など、偶然な事故により生じた損害を補償するのが目的であり、保険会社が予想する損害率に応じて保険料(損害保険料)が定められるものです。

商法上の定義は、以下のようになっています。
「損害保険契約は、当事者の一方(保険者)が偶然な一定の事故によって生ずることあるべき損害を填補することを約し、相手方(保険契約者)がこれに対して報酬を与えることを約することによって効力を生ずる契約である(商法第629条)」。

損害保険には、大きく分けて、自動車保険や火災保険などのノンマリン分野と、貨物保険や船舶保険などのマリン分野とがあります。日本では、保険業法を根拠法とし、金融庁による監督のもと個人から法人まで多くの者を契約対象に販売されているものが殆どです。しかし、火災共済など、保険業法以外に根拠法のある損害保険も存在しています。

タグ

ガン保険について

ガン保険は、ガンと診断された時や入院された時に、ガンの治療を行うために必要な、経済的備えとなる保険です。最近では、定期的なメディカルチェックを受けるための健康お祝い金がでたり、診断給付金が何度も支払われたりと、各社各様の保険が販売されています。

ガンという病気は、1980年以降、日本人の死亡原因のトップに君臨し続けています。
2004年の統計では、年間死亡総数・約103万人のうち、実に32万人と、およそ3人に1人がガンが原因で志望しています。
しかし、医療技術の発展に伴い、ガンは治る時代がやってきました。ところが、ガンを治そうと最先端の治療法や、自由診療扱いとなる治療・医薬品を使おうとする場合、高額な治療費を必要とするでしょうし、他の病気と比べても再入院の確率が高いため、長期に渡っての出費を覚悟しなくてはなりません。そのため、今や、国民病とまでなったガンの保険に、大きな注目が集まっているのです。

ガンは国民の関心ごとですので、その治療をフォローしたり、いざという時の備えとなる保険にも、大きな関心が集まっています。そのため、各保険会社が様々な商品を取り揃えています。自分の生活サイクル・目的に合わせ、納得のいくガン保険を選択するようにしましょう。

タグ

簡易保険について

簡易保険とは、日本の郵便局で取り扱っている、日本郵政公社が運営する生命保険のことを指します。正式には簡易生命保険事業といいます。販売チャネルは営業職員(外交員)と郵便局窓口となっています。
1916年10月1日に当時の郵政省によって創業されました。
・加入に際して医師の診断や職業上の制約が無いこと
・身近に存在する郵便局で申し込みが可能であること
の2点のため、簡易保険という名前がつきました。ですが、加入に際する制約が少ない分、契約可能な保険金は一般生命保険に比べて低く抑えられている。

 簡易保険は、保険業法で取り扱っている通常の生命保険と違い、色々な公的サービスを持ちます。その中でも特徴的なのが「倍額保障」と「非常取り扱い」です。
「倍額保障」とは、不慮の事故・災害あるいは特定感染症による死亡の場合に、基本保険金額で終身又は養老保険部分の金額と同額が、死亡保険金として上乗せ保障される制度で、 いわゆる民間保険会社の「災害割増特約」が、主契約に自動付帯されているのと同様の仕組みになっています。
「非常取り扱い」については、最近では各種災害時・列車事故のような際に執り行われ、 具体的には、「保険料の払込みが困難な場合、3か月の範囲内で払込みを延伸」「罹災により保険証書等がなくても一定の範囲内で金額を貸出、あるいは前納払込みの取消しによる保険料等の返還、さらには死亡保険金の即時払い」「罹災により印章がなくても、拇(ぼ)印で取扱」 などがあります。

タグ

海外旅行保険について

海外旅行保険とは、海外へ旅行する場合に、治療を要する怪我や病気、盗難などのトラブルに遭遇した際に対処するため、備えとして加入しておく保険です。海外に旅行する時に必須ではありませんが、国内の旅行とは異なり、通貨も制度も異なる海外では、予想もつかない状況に遭遇した場合、どうしても費用がかかるため、もしもの備えとしておきたい所です。

海外旅行保険では、旅行で家を出るときから帰ってくるまでの間、様々な状況について補償をすることができます。基本は、怪我に対する治療の補償ですが、いくつかの補償がセットになっている商品や、オプションとして基本補償に自由に追加することが可能な商品があります。
・治療費用:怪我や病気において発生する、治療などの費用に関する補償です。これが基本となっている場合が多いようです。
・傷害死亡/疾病死亡:怪我や病気で死亡した際の補償です。
・賠償責任:旅行先で、他人の所持品やホテルなどに損害を与えた際に発生する賠償に対する補償です。
・携行品損害:携行品が盗難や破損に遭った場合に対する補償です。
・航空機遅延費用:航空機の遅延によって、宿泊費や食事代を自費で支払った場合の保証です。

申し込みについてですが、出発当日の申し込みも可能です(滞在中では加入できません)。また、空港でも海外旅行保険に申し込む機器が設置されていることもあります。とは言え、時間が迫っている場合での選択肢は非常に狭く、保険料や補償の内容などの面で損をしてしまうことも多々あるようです。また、空港で加入する保険は、その補償は空港からしか効果がありません。旅行の準備の一環として、事前に最も適した保険を選択したいものです。

タグ

保険相談局について

保険相談局とは、保険の加入や見直しについて、その人に合った保険を検討・紹介しすることを目的としたサービスです。
今や、保険は誰でも同じ条件・保証であるということはなくなりました。それは各保険会社のサービスが差別化のために多様化してるということが挙げられますが、ライフスタイルに合わせた保険のニーズが高まっているということも考えられます。また、ライフスタイルは年齢を重ねるごとに変化するものですから、変化に合わせた保険の見直しのニーズも高まっているのです。
勿論、保険会社に相談すれば、適切な保険の組み合わせを紹介してくれる筈ですが、その会社の商品に限られるという欠点があります。かといって、インターネットの比較サイトなどでは、絶対的に情報が不足します。
そこで登場したのが、中立の立場で相談者に対し適切な保険を検討するサービスです。

保険の相談においては、まず、加入している保険があればその保険の内容、これから加入するならば生活スタイル・環境を確認する所から始めます。その内容に基づいて、必要な保証を検討することになります。ここでは、最低限の保証を選ぶこともできますし、好きな保証を上乗せすることも可能です。
最後に、自分たちに合った保険が紹介されるということになります。必ずしも契約したり変更する必要はなく、決定は相談者に委ねられます。

便利なサービスとして注目を集めていますが、必ず望むような結果が導き出されるわけではありません。最終的に自分の判断にかかるということを忘れずに、参考として活用するようにしましょう。

タグ

医療保険について

医療保険は、医療機関の受診により発生した医療費について、その一部又は全部を保険者が給付する仕組みの保険を指します。

医療保険は、医療費による支出を補助し、生活を安定させること目的としています。
例えば、長期の入院や先端技術による治療には、多くの医療費を必要とします。その医療費が、
1)被保険者の直接負担となることを避けるため、被保険者の負担額の上限が定められている。
2)保険金の支給額が保険者の財源が圧迫する防ぐため、被保険者の自己負担割合や自己負担金が定められている、もしくは保障範囲が制限されている。
 というのが、ほとんどの保険に当てはまります。
 医療保険は、多くの国で公的医療保険と民間医療保険の組み合わせによって構成されている。

公的医療保険:予め被保険者の範囲が行政によって定められている医療保障制度を指します。日本では、被用者だけでなく自営業者なども加入できる「国民健康保険制度」が全国的に整備されており、いわゆる「国民皆保険」とよばれる制度が構築されています。

民間医療保険:一般に任意加入であり、契約者の財産や所得に応じて、複数の保険会社が用意するメニューからプランを選ぶことが可能となっています。民間医療保険の仕組みや医療保障制度における役割は、国ごとに大きく異なります。日本では公的保障の補助的役割を果たす立場にあり、任意加入となっています。


タグ

火災保険について

火災保険は、火災によって生じる損害の補填を目的とした保険のことを指します。
契約にもよりますが、火災だけでなく、地震・落雷・台風・雪などの保険が付属することもできます。ですから、火災保険は「火災に限定した保険」と言うよりは「家にかける保険全般」という意味合いが強いと考えられています。

かつては、各社横並びで、建物への火災保険、家財への火災保険などのようなラインアップでしたが、現在では枠組みがなくなり、各社・差別化を図るために、顧客のニーズに合わせた保険を組み立てることができるケースが増えています。不要な保険は捨て、必要な保険にお金をかける、というのがトレンドと言ってもよいでしょう。

ですから、保険に加入する側も、無知なままではいられません。ただ保険に入っていれば安心という時代は終わりました。これからは、積極的に保険を知る必要があるという時代です。保険の種類が多様化したために、補償内容も細分化されています。特に、補償範囲というのは重要なポイントですから、必要な部分を全てカバーできるように保険を組み立てなくてはならないのです。

タグ

, , , , , , ,

2011年7月 6日

喜泉堂 (11:38)

カテゴリ:保険

保険情報について

保険情報には、2つの収集パターンがあります。

ひとつは、保険の窓口やセールスマン/レディに直接話を聞くという方法と、もうひとつは、インターネットなどで情報を拾い集めるという方法です。
インターネットの普及により、保険会社や一般の人たちでも、ウェブサイト・ブログ・ソーシャルネットワーキングサービスなどの方法で保険の情報を公開・交換したり、閲覧したりすることが容易になってきました。多くの情報を一度に比較できるというウェブサイトまであります。しかし、この方法で確実に自分に合った保険を探し出せるかというと、それは難しいかもしれません。保険は、それぞれの生活サイクルや環境に応じて、大きく変化するからです。

保険の窓口などで、直接話を聞くという方法は、店舗に足を運んだり、人と話をする手間はあるものの、その場で疑問を解決できるという大きなメリットがあります。また、自分の人生プランにあわせた、将来まで見据えた保険を紹介してくれるという点も見逃せません。

どちらが優れているということはありませんので、両方を上手く活用して保険情報を収集するというのが、損をしない保険選びの方法だと言えます。結局どちらも手間がかかるのですから、そこは「良い保険を選ぶためと」割り切って考えることをお勧めします。

タグ

, , , ,

2011年7月 5日

喜泉堂 (14:51)

カテゴリ:保険

【PR】 保険工房 得選館 高見店


大阪市此花区にあるイオン高見店一階で営業しています。

開店より三年目

年中無休です。

10時から20時

電話番号06-6460-2955

得選館は地域密着型の代理店です(現在18社)

アットホームな中に専門知識を詰め込んでいます。

お気軽にお声掛けくださいね

http://www.tokusenkan.jp

生野写真.jpg

タグ

2011年7月 4日

喜泉堂 (20:34)

カテゴリ:保険代理店紹介

介護保険について

介護保険とは、40歳以上の人が保険料を負担し、
・介護が必要となったときに助け合う
・介護が必要になっても人間らしく生きられる
・家族の負担を軽減する
 という互助の考え方を基本として生まれた保険です。
年を重ねることは、老化が伴います。それは、病気になる可能性が高くなるということを意味しますし、病気の内容によっては介護を必要とする場合もあるでしょう。
病気になった時、介護を必要とした時に、本人はもちろん大変でしょうが、その周囲も大変です。経済面・労力面において、家族のサポートだけで支えるのは、現代において不可能になりつつあります。そういった状況から、新しく生まれた保険制度なのです。

介護保険に加入するための手続きは必要ありません。医療保険(健康保険)に加入している40歳以上の人は、すべて自動的に加入することになるからです。被保険者は、年齢によって二つに区分され、サービスの利用条件や保険料の納め方等が異なります。
・第1号被保険者:65歳以上の人病気等の原因を問わず、介護が必要と認められた場合に、介護サービスを利用できます。
・第2号被保険者:40歳から64歳の人脳卒中や初老期における痴呆症など、15の「特定疾病」により介護が必要になった場合に限り、介護サービスを利用できます。


タグ

【PR】 保険工房得選館 生野店

大阪市生野区の商店街にある来店型保険ショップです

最寄り駅はJR寺田町です

大阪市生野区生野東2-2-15

火曜日定休

10時~19時まで

開店して今年で7年目になります保険会社現在18社を扱っています。

無料相談・出張相談保険のことならどんなことでもお問い合わせ下さい。

ホームページ

http://www.tokusenkan.jp

生野写真正.jpg

タグ

喜泉堂 (11:49)

カテゴリ:保険代理店紹介

学資保険について

学資保険とは、親が子どもの教育費を計画的に貯めることを目的とした貯蓄性の保険です。具体的には、親の万一に備えると同時に、子どもの教育資金を計画的に準備するための保険とも言えます。
実際の商品には、15歳や18歳など一定の年齢に達すると満期保険金が受け取れるほか、中学や高校の入学時にお祝い金がもらえるタイプもあります。また、契約者である親が亡くなった場合は、その後の保険料が免除され、商品によっては子どもの死亡時に保険金が受けられるタイプもあります。

本来、学資保険は親が子どもの教育費を計画的に貯めることを目的とした貯蓄性の保険であるのに対し、こども保険は教育費のほかに死亡保障や医療保障などもカバーした保険のことを指すものと考えられてきました。つまり、貯蓄重視なのが学資保険で、保障も手厚いのがこども保険というわけです。

しかし、最近では「学資保険」と名がついても死亡保障や医療保障が充実した商品もありますし、逆に「こども保険」という名がついていても貯蓄部分が充実した商品も発売されています。ですので「学資保険」と「こども保険」の違いを明確にすることは困難です。名前の先入観に左右されず、それぞれの保障内容に目を通すことをお勧めします。

タグ

失業保険について

失業保険で問題視されるポイントのひとつには、「退職理由」があります。何が問題かと言うと、退職理由の内容によって、給付開始時期が大きく異なるからです。

退職理由には、一身上の都合などによる「自己都合」と、会社からの解雇などによる「会社都合」があります。基本的に自己都合の場合、3ヶ月の給付制限というものがつきます。つまり、失業と認定され、失業保険が給付されるまで、3ヶ月(実際にはそれ以上)待たなくてはならないということです。これに対し、会社都合の場合、この給付制限が免除されることになっています。失業の認定があった後、わずかな期間で失業手当を手にすることができるのです。

ですから、よく失業保険で得する方法として挙げられるのは、この給付制限を免除することを方法として紹介しているのです。仮に、再就職までの期間が、自己都合と会社都合で同じ1年だった場合、失業手当を受け取ることのできる期間は、自己都合では3ヶ月減ってしまうということになります。1日の失業手当はわずかなものですが、3ヶ月となるとそれは非常に大きくなります。
とは言え、退職理由の自己都合を会社都合にする、というのはなかなか難しいのが現実ですから、多くの人が自己都合で、3ヶ月を待って失業手当を受けているのが実情です。


タグ

, , , , ,

2011年7月 3日

喜泉堂 (01:44)

カテゴリ:保険

国民健康保険について


国民健康保険とは、職場単位で編成されている被用者保険に加入していない人が、住民登録のある市区町村で加入することを義務づけられている健康保険のことを指します。
主に、会社を退職して無職となった人(社保の扶養に入った人は別)や、被用者保険に加入することのできない自営業者が加入することを目的としています。無保険状態になった人は、原則として国保に加入しますので、理論的には国民皆保険という概念が、日本では成立するのです。

被保険者となった際には、市区町村から保険証が交付されます。医療機関での窓口負担割合は原則として3割です。

原則として強制加入で、一度加入の届け出を行えば、適用除外(社会保険加入、転出など)の要件に該当しない限り、脱退することはできません。会社などを退職し、そのまま無保険状態であり続けることは不適当とされていますが、届け出をしない限り加入とはならず、また、加入しなかったからといって目立った罰則もありませんので、実際には加入してない人も多いのが実情のようです。

タグ

, , , , ,

2011年7月 2日

喜泉堂 (15:18)

カテゴリ:保険

社会保険について

社会保険とは、社会保障の分野のひとつで、国民が生活する上での疾病、老齢、失業、労働災害、介護などのリスクに備え、事前に強制加入の保険に加入することで、リスクに対し、現金又は現物給付により生活を保障する、相互扶助の仕組みのことを指します。

保険料を主体としてできあがった財産を中心に、一つの保険集団が組織され、保険集団の運営主体・いわゆる保険者と、参加者・いわゆる被保険者に、保険関係が生じます。あらかじめ取り決められた共通の条件(リスク)が生じた場合に限って、保険給付の支払いが行われるというシステムです。

日本の社会保険は、それぞれの保険集団が、そのグループ構成員に強制加入を求め、全国民(国民皆保険・皆年金)を包括しています。
社会保険の財源は保険料中心ですが、保険料以外の主なものには国庫負担金があります。また、医療保険や介護保険の場合は、被保険者等が支払う一部負担金もあります。また、被用者保険では被保険者本人だけでなく、事業主も負担しています。これらの保険料を軽減するために、国や地方公共団体も費用の一部を負担していますが、これは低所得者も含めて保険集団としての相互扶助・社会連帯を作るという側面も持っているのです。

タグ

, , , , , , , ,

2011年7月 1日

喜泉堂 (01:53)

カテゴリ:保険

このページの先頭へ