社会保険と民間保険の違い

 社会保険と民間保険には次のような違いがあります。
  • 加入
    社会保険では強制加入ですが、民間保険では任意加入です。
  • 保障
    社会保険では給付水準を自由に設定できませんが、民間保険では給付水準を自由に設定できます。
  • 保険料
    社会保険では高所得者ほど保険料が高く、低所得者ほど保険料が安いです(所得の再分配)。民間保険では公平の原則(給付と反対給付均等の原則)に則った保険料が設定されます。
  • 実施主体
    社会保険では政府ですが、民間保険では民間企業です。
  • 運営資金
    社会保険では保険料に加え国庫の補助がありますが、民間保険では保険料のみの運営になります。(関連:収支相等の原則)
直前のページに戻る

このページの先頭へ