公的年金保険

 公的年金保険は、一定の要件を満たした人が強制加入する年金保険です(国民皆年金制度)。公的年金保険の加入者すなわち被保険者は次の3つに分けられます。どの区分に属すかによって加入する年金保険、保険料、保障が異なります。

  1. 第1号被保険者: 自営業者、学生など
  2. 第2号被保険者: 会社員、公務員など
  3. 第3号被保険者: 第2号被保険者の被扶養配偶者

 公的年金保険は、まず次の3種類があります。

  1. 国民年金(全ての被保険者が加入)
  2. 厚生年金(会社員が加入)
  3. 共済年金(公務員が加入)

 そして、それぞれ次の3つの給付があります。

  1. 老齢給付(年をとったとき)
  2. 障害給付(障害を被ったとき)
  3. 遺族給付(死亡したとき)
「社会保険とその種類」に戻る

このページの先頭へ