海外旅行保険

海外旅行保険とは、海外へ旅行する場合に、治療を要する怪我や病気、盗難などのトラブルに遭遇した際に対処するため、備えとして加入しておく保険です。海外に行く際に絶対に加入しなくてはならないということはありませんが、国内の旅行と比較して、通貨も制度も言語も異なる海外では、トラブルの対処に大変な費用が必要になる可能性があります。そこで、海外旅行保険は、家を出る時から、旅行中、そして帰ってくるそれまでの期間、様々な状況について補償をする機能を持っているのです。
海外旅行保険の基本は、怪我に対する治療の補償ですが、いくつかの補償がセットになっている商品や、オプションとして基本補償に自由に追加することが可能な商品があります。
例えば、以下のような補償があります。
・治療費用:怪我や病気において発生する、治療などの費用に関する補償です。これが基本となっている場合が多いようです。
・傷害死亡/疾病死亡:怪我や病気で死亡した際の補償です。
・賠償責任:旅行先で、他人の所持品やホテルなどに損害を与えた際に発生する賠償に対する補償です。
・携行品損害:携行品が盗難や破損に遭った場合に対する補償です。
・航空機遅延費用:航空機の遅延によって、宿泊費や食事代を自費で支払った場合の保証です。
 海外旅行保険は、出発当日でも申し込むことができます(滞在中では加入できません)。また、空港でも海外旅行保険に申し込む機器が設置されていることもあります。とは言え、時間が迫っている場合での選択肢は非常に狭く、保険料や補償の内容などの面で損をしてしまうことも多々あるようです。また、空港で加入する保険は、その補償は空港からしか効果がありません。旅行の準備の一環として、事前に最も適した保険を選択したいものです。

このページの先頭へ