学資保険

学資保険とは、子供の教育費などの貯蓄を目的にした保険です。毎月「保険料」を支払っていき、中学・高校・大学などの進学時に学資金を受取ることができます。また、子供が亡くなった場合は死亡給付金、契約者が亡くなった場合は保険料免除といった保障を受けることができます。 分かりやすく言えば「学資を目的にした保険付の積立」です。
学資保険や婚資保険を含めたものを「こども保険」と呼ぶこともありますが、保障の内容は各生命保険会社ごとに異なるので名前だけで判断しないほうが賢明です。一般的には「こども保険は契約者の入院・死亡といった場合の保障が厚い」「学資保険は貯蓄性を重視している」と言われています。ちなみに「教育保険」は学資保険と同じものを指します。
学資保険は必ず加入しなければならないというものではありません。学資保険の内容は「積立」と「定期保険(生命保険、入院保険)」の組み合わせです。つまり、定期預金や投資信託などで「積立」をおこない、保険部分は別途契約すればよいのです。 利息の高い定期預金がある場合や、資産運用の知識がある方は「学資保険」に入らずに自分で管理したほうが有利です。
とは言え、学資保険のお世話になった人の中には、学資保険神話をあなたに押しつけてくる人もいるかもしれません。特に親族からアドバイスされることも度々あるでしょう。それに従うのもひとつの手ではありますが、あなたが納得のいくような運用をすることが最も大切です。

このページの先頭へ