自動車保険

現在、私たちの生活において、自動車は不可欠なものとなっています。ですが、その便利さとは裏腹に、操作を誤ることによって発生する事故は凶悪であり、その被害は甚大です。特に、被害者が歩行者であった場合、加害者に過失がなく、車が整備されており、被害者に明らかな過失がない限り、賠償を免れることはありません。そのような賠償に応じるために備えとされるのが、自動車保険です。
自動車保険には、強制保険と任意保険があります。強制保険は、その名の通り、車を使用する人間に対して義務的に加入することが求められている保険です。いわゆる自賠責と呼ばれるもので、被害者や遺族に対する最低限の賠償を保障するための制度として設定されています。支払限度額は、被害者の死亡・重度の後遺障害のときは最高で3000万円、その他の傷害のときは最高120万円となっています。
任意保険とは、強制保険とは別に、車の使用者が任意で加入する保険のことを指します。任意ですから、最低限、強制保険さえ加入していれば必要ない筈ですが、死亡などの事故では、強制保険だけでは不足する場合がほとんどです。
 任意保険には、人に対する保険である「対人保険」と、物に対する「対物保険」があります。

<対人保険>
・対人賠償保険:自動車の運行・管理によって、他者を死亡させた又は傷害を与えたときの損害賠償責任に対する補償です。自賠責からの給付を超えた損害賠償額が支払われます。
・無保険車傷害保険:事故に遭って、本来相手方から賠償金が支払われるべきところ、相手方が無保険だった場合、救済措置として自車の保険から対人賠償保険相当額が支払われます。
・自損事故保険:自損事故の場合は、賠償金が支払われるべき相手が存在しません。そこで、自車の保険から対人賠償保険相当額が支払われるものです。
・搭乗者傷害保険:車の運転により、車に乗っていた人(運転者を含む)を死亡させたまたは傷害を与えたときに支払われます。他人を乗せていて賠償事故となった場合は、対人賠償保険と別に支払われます。
・人身傷害保険(人身傷害補償特約):上記の無保険車傷害保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険を包含する保険です。歩行中の自動車事故による怪我も含みます。

<対物保険>
・対物賠償保険:自動車事故による賠償責任のうち、人的被害を除く部分に対する補填を行なう保険です。壊れた物の修理費・再購入費だけでなく、それによって生じた休業損害などもこれに含まれます。
・車両保険:自身の車両への損害への補填です。事故のほかにも、風水害など地震以外の自然災害による損害も含みます。自損事故に限らず、相手のある事故の場合でも、責任割合によっては自車の損害を全額相手から支払ってもらえるとは限りません。そこで、車両保険を利用する場合があるのです。
・組み合わせの保険:対人賠償保険、無保険車障害保険、自損事故保険、搭乗者傷害保険、対物賠償保険、車両保険の6つに、対人・対物示談交渉サービスをセットしたものを自家用自動車総合保険(SAP)、車両保険を除いた5つ(車両保険は任意付帯)に対人示談交渉サービスをセットしたものを自家用自動車保険(PAP)、それぞれ単独又は任意の組み合わせで契約するものを自動車保険(BAP)と呼ばれています。

このページの先頭へ