保険とは

 事故、災害、病気、死亡といった出来事は、個人や家計に経済的損失を与えます。そして場合によっては、その経済的損失で個人や家計が破産することもあり得ます。

 保険に加入していれば、経済的損失を被ったとき、お金が貰えます。

 保険の加入者は、毎期一定額の金銭を保険者(政府や保険会社)に支払います。これを保険料といいます。加入者から集められた保険料はプール金となります。そしてもし加入者の誰かが、保険事故(事故、災害、病気、死亡といった出来事)で経済的損失を被った場合、その加入者にはプール金の一部が、経済的損失の補填という目的で支払われます。これを保険金といいます。保険金を受け取ることは「保障を受ける」などと表現されます。

 保険とは、リスク(将来起こりうる危険)のために毎期保険料を支払うことで、リスクが現実になったとき保険金が貰えるシステムをいいます。保険金は、加入者が支払った保険料から支払われます。つまり保険は、加入者同士がお互いのために保険料を出し合うことで成り立っています。こうした仕組みを相互扶助といいます。

 保険は、一定の要件を満たした国民が強制的に加入させられる社会保険と、任意加入の民間保険があります。保険のレシピでは、主に民間保険について紹介していきます。しかし、ある民間保険に加入するかどうか判断するには、強制加入の社会保険でどういった保障が受けられるか知る必要があります。保険の基礎知識では、まず社会保険について解説し、そのあと民間保険について解説していきます。

 

  • 保険と共済
    保険と概ね同等のシステムとして、共済というものがあります。
    詳しくはこちらをご覧下さい
  • 保険と貯蓄
    貯金を蓄えることでも、リスクに備えることはできます。
    しかし貯蓄は、経済的損失の補填に必要な額の準備に時間が掛かります。
    保険に加入すれば、その時点で、準備が完了したことになります。
    詳しくはこちらをご覧下さい

このページの先頭へ