収支相等の原則

 収支相等の原則とは、次の2つが等しくなるようにバランスを保つという保険運営の原則です。 

  • 加入者が支払った保険料の総額と運用利益(収入)
  • 保険金の総額と必要経費(支出)

 民間保険の保険会社は自社の収入と支出(上記)が等しくなるようにバランスをとります。社会保険の場合、国庫からの補助などがある為、この原則に則った運営は行われていません。

直前のページに戻る

このページの先頭へ