現金給付と現物給付

 保険事故発生時の保障には現金給付と現物給付があります。

 現金給付とは、金銭を給付することです。

 現物給付とは、金銭以外のモノやサービスを給付することです。例えば介護保険に加入していれば、要介護認定を受けたときに介護サービスが給付されます。

このページの先頭へ