全労済の新せいめい共済

保険商品
新せいめい共済
保険種別
全労済

新せいめい共済の特徴

全労済の共済商品の中でも遺族保障に焦点を絞ってある「新せいめい共済」の紹介です。
「定期型」と「終身型」があり、前者は定期保険、後者は終身保険といった感じです。
定期型は5年もしくは10年ごとに更新があります(だからこそ、年齢や家族構成にあわせて見直しをする余地もあります)。
加入限度額は年齢によって違いますが、15歳から60歳までは、終身型が2000万円、定期型が3000万円です(14歳以下と61歳以上はどちらも500万円です)。

新せいめい共済のメリット

リビング・ニーズ特約を付加できます(余命6ヶ月と診断された際に共済金を請求できるというもの)。
終身型は、加入時の掛金の金額が満了時まで変わりません。
不慮の事故による死亡の場合は倍額保障となります。
「災害特約」「災害死亡特約」を付加できます。これらの保障期間は満80歳までです。
「いきいきボーナスコース」という生存給付金がもらえるコースを付加することもできます。
0歳から、定期型は70歳、終身型は65歳まで(一時払は70歳まで)加入できます。
定期型に満期金をつけることもできます。

新せいめい共済の活用法

終身型は、払込満了時期が年齢によってバラエティに飛んでいます(15歳以下は15年で満了するプランで、16歳で加入するのが最も払込期間が長く56歳までです。その後はだんだん縮んでいき、1の位が0から1になる時多い年齢の方が払込期間が5年前後短くなっています)。
遺族保障という、ある意味いちばん生命保険らしい部分に特化した共済です。
0歳から加入できるというのも、共済を生かす道が広がってくると思いませんか?
0歳で入ると男女どちらも8,000円台で15歳で満了なので、かけておくのも面白いかもしれません(ただし、いつか教えておかないと問題が起こるかもしれませんが)。

保険情報について


全労済の新せいめい共済のカテゴリ記事

このページの先頭へ