全労済のこくみん共済

保険商品
こくみん共済
保険種別
全労済

こくみん共済の特徴

「全国労働者共済生活協同組合連合会」、略して「全労済」が、「消費生活協同組合法」(略して「生協法」といいます)にもとづき、厚生労働省の監督のもと行っている共済事業です。労働者共済の代表的なひとつです。
このこくみん共済は、全労済の代表的な共済で、「キッズタイプ」「キッズワイドタイプ」「医療タイプ」「総合タイプ」「総合2倍タイプ」「大型タイプ」「シニア総合タイプ」「シニア傷害タイプ」「医療終身タイプ」の9つの商品があります。

こくみん共済のメリット

上記したとおり、こくみん共済という言葉の中に多くの商品が隠れているのですが、新規加入年齢で区切っていきます。
「キッズ」とつくと、満で0歳から14歳。「総合」とつくと15歳以上で、59歳までか、「総合2倍」だと15歳から44歳。「大型」も15歳から44歳。「シニア」は、「シニア総合」が60歳から64歳で、「シニア傷害」が60歳から79歳まで。
「医療」は0歳から59歳まで(「キッズ」とつく商品に加入なさったお子さまが18歳に成長されると健康状態は問われず「医療タイプ」に移行できるのです→お手続きが必要です)。
「医療終身タイプ」は15歳から64歳まで加入できて、一生涯の保障に恵まれます。

こくみん共済の活用法

医療終身が一生涯(単独での契約はできません)、シニア傷害タイプが80歳までで、他は継続加入している方に対する「移行特典」というものがあります。保障内容は変わりますが、最大85歳まで保障期間を延ばせると考えることができます。
医療や医療終身タイプと、大型や総合などを組み合わせて加入する加入の仕方が主流のようです(今日的ですね)。
大人の方が入る最もプレーンな「総合+医療」タイプは、月々の掛金が3400円です。
くわしくは、フリーダイヤル0120−00−6031にお問い合わせくださいね。

保険情報について


全労済のこくみん共済のカテゴリ記事

このページの先頭へ