県民共済のこども型

保険商品
こども型
保険種別
県民共済

こども型の特徴

全国生協連(全国生活共同組合連合会)では、厚生労働省の監督のもと、組合員を対象に「県民共済」を販売しています。
この「こども型」は、入院・手術・通院・後遺障害・死亡・扶養者の死亡に対応したものです。
お子さまの過失によって、第三者に損害賠償をする必要が発生した場合にも対応しています。
なお、支払われるお金のことを「共済金」と呼んでいます。
加入コースは「こども1型」と「こども2型」に分かれているのですが、この月掛金が前者は1,000円で、後者も2,000円なのです。
そして、素直に月掛金が多い分だけ、2型のほうは共済金が1型の倍なわけです。

こども型のメリット

メリットは大変多いです。
上記したように、お子さまの過失によって、第三者に損害賠償をする必要が発生した場合にも対応していますし、入院は事故・病気を問わず1日目から(1日あたり)5,000円が保障されます。
更に、満18歳未満のお子さんなら加入できるのです。
部活動をやったり自転車に乗れるようになったりで怪我の多い中高校生の保障が、こんなに安い価格で得られるというのは素晴らしいと思いませんか?
期末の剰余金をご加入者にお返しする「割戻金制度」という制度もあります。
また、よその都道府県にお引越しされても大丈夫ですので、ご相談されてくださいね。

こども型の活用法

かんぽ生命やよその生命保険などの育英学資・こども保険等と違い、養育資金というより保障に重点を置いているという感じです。特に医療保障に重点を置いて。
先進医療についても1型で50万円、2型で100万円の共済金が出ます。
お子さんは、小さいうちはちょっとしたことで体調を崩すし、11歳を過ぎたくらいになると(似たようなことを前述しましたが)自転車に乗って遠出するようになったりサッカーなどのスポーツに熱中したりして怪我をすることが増えます。
育児における、医療に関する金銭的負担はかなりお助けできますよ。

保険情報について


県民共済のこども型のカテゴリ記事

このページの先頭へ