県民共済の熟年型

保険商品
熟年型
保険種別
県民共済

熟年型の特徴

県民共済、最後に登場するのは65歳以上が対象の「熟年型」です。保障期間は65歳から85歳までです。60歳から69歳までの型は加入も可能です。
65歳までを保障する「総合保障型」から自動的に移行して契約を継続するのですが、年齢の「十の位」の数字が増えるごとに保障内容が少なくなっていきます。
掛金を増額される際は健康告知が必要です。
なお、総合保障型に付加できる「医療特約」(「医療1型特約」と言って月掛金は1,000円です)も、月掛金はそのままで「熟年医療1型特約」に移行できます。

熟年型のメリット

65歳を過ぎた年齢で(年齢と共に高まる)病気や死亡の危険を保障するタイプの商品にここまで安価な価格だけ支払っていられるというのは他にはそうないと思われます(年齢と共に加入できる保険は減ってくるし。こちらも新規の加入はできませんが)。
「保険は若いうちにかけておくとお得よ」と言うライフ・コンサルタントは今昔を問わず多くいますが、まさしく「若いうちに加入していて良かった」と65歳を過ぎてから思う商品なのでしょう。
期末の剰余金をご加入者にお返しする「割戻金制度」という制度もあります。
また、よその都道府県にお引越しされても大丈夫ですので、ご相談されてくださいね。

熟年型の活用法

今日、県民共済だけでなく、国内生保・かんぽ・外資系生保などと掛け持ちで加入していらっしゃる方も多いと思われます(給付金や共済金支払い時の対応を比較していらっしゃる方に筆者は会ったことがあります)。
人生のコーナーも曲がって、保険のありがたみがわかってきている年齢であると思われますので、合わせた上で賢く、病気や事故などに対峙したり、(運用も含めて)利用していただけると良いなと感じます。
なお、70歳から80歳までの病気入院保障は1回の入院につき40日が限度となっています(70歳になられてはじめて迎える4月1日以前からの入院を含みます)。更に80歳を過ぎると病気入院の特約はありませんのでご注意ください。

保険情報について


県民共済の熟年型のカテゴリ記事

このページの先頭へ