変額保険

保険商品
変額保険
保険種別
生命保険

変額保険の特徴

販売する上で、通常の生命保険募集人資格の他に、変額保険専門の販売資格が必要とされる保険です。
変額保険に対して終身保険や定期保険などの普通の生命保険は「定額保険」と呼ばれます。
変額保険といえば、「ハイリスク・ハイリターン」と言われます。
それは、死亡・高度障害保険金については、契約時の保険金額(これを「基本保険金額」と言っています)の保障がありますが、満期まで生存した際の満期保険金額については保障されておらず、資産の運用実績によっては上記した基本保険金額を下回ることがありますので注意が必要です。
なお、「終身型」と「有期型」のふたつがあります。有期型のほうに「満期」があります。

変額保険のメリット

保障額が、資産の運用実績に基づいて毎月増減しますので、その運用実績によっては、最初に設定して契約した基本保険金額よりも受取額が上回ることがあります。
「終身型」は、定額の終身保険と同様に、死亡した際に死亡保険金が支払われます。
有期型も、死亡の際には死亡保険金が、満期まで生存した場合には満期保険金が支払われます。
なお、有期型については、満期保険金に最低保証をかけている会社もありますので、よく確認してから加入しましょう。

変額保険の活用法

一時払い養老保険と同様に、バブルの時代に大変よく売れたと聞く商品です。
「資産の運用実績に基づいて保障額が毎月増減する」というその商品としての性格を考えると無理もないですが。
この商品に加入する際には、契約者の性格的な面も、商品が生きるのに手伝ってくるでしょう。
「ハイリスク・ハイリターン」ということは、この変額保険に消費者として関わる場合忘れてはいけません。
保険と言うより「投資」という色彩が非常に強い商品だと言うことを、まず頭に入れましょう。

保険情報について


変額保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ