更新型と全期型

保険商品
更新型と全期型
保険種別
生命保険

更新型と全期型の特徴

このふたつに対する誤解が、定期付終身保険に関してトラブルを生んでいるという話を聞きましたので、項を設けて解説させていただこうと思います。
定期付終身保険の「定期保険部分」。
この定期保険部分の払込期間は60歳まででも、定期保険は10年間15年間、というタイプの保険があります。
これが「更新型」というタイプで、もとは少しでも保険料を安価にするために考え出されたものであります。
全期型は、保険料払込満了時期まで保険料が変わらぬまま、3千万円なら3千万円の保険金額が保障されているのです。

更新型と全期型のメリット

加入時の保険料は、更新型のほうが全期型タイプよりお安く設定されています。
これは、加齢(と勤務年数の増加)に伴い収入が増えていくという1990年代まで日本で多かった働き方によって、お年を召された際に多めに保険料をお支払いすることを前提として、若い加入時(契約時)に保険料を安価に設定するためです。
実は、この「更新」というものは、生命保険の契約者さまが取り立ててやめると言わなければ、実行されるのです。
ちなみに、定期保険同様「特約」として契約されている医療特約も、同時に更新されています。

更新型と全期型の活用法

新卒で(でなくても若いうちに)入社して長く勤めていたらお給料が上がっていくという見込みのある方にしか、「更新型」というものは、今日ではおすすめできないパターンかもしれません。
更新すると(違いなく保険料がとんでもなく上がるので、気をつけて、更新する前に保障の見直しをした方が、更新するより保険料が安いかと思われます。
今日では(特にいくつかの国内生命保険会社で積極的に販売されているアカウント型保険などは)、保障見直しがフレキシブルにできるようになっているのもセールスポイントのうちですので、そのあたりも積極的に活用なさってください。

保険情報について


更新型と全期型のカテゴリ記事

このページの先頭へ