定期保険

保険商品
定期保険
保険種別
生命保険

定期保険の特徴

この定期保険のことを、よく「掛け捨て保険」という言葉で表現することがあります。
契約期間が限定されていて、その契約期間内に死亡・高度障害となられた場合にだけ保険金がおります。
貯蓄性も少ないため保険料が非常に安く、大きい保障額が必要な際にはよく使用されています。
個人が契約者になることもできるし、これは後述しますが法人が契約者になる保険にもよく利用されています。
加入時期の範囲がかなり広いことも特徴です。
さまざまな条件をつけた(特定疾病定期保険など)ものなどもあります。

定期保険のメリット

高額の保障を安価で用意できる点が最大の特徴にしてメリットです。
払込期間(=保障期間でもあります)が決まっていますが、契約期間を「更新」という形で延長することができるので、長い期間安く大きな保障が得られます。
終身保険・養老保険・アカウント型保険などと組み合わせて大きな保障を得られるように設計したり、生存給付金という(後述するが)、3年(というケースが多いが2年だったり5年だったりすることもあります)に一度一定額のボーナス(=生存給付金)が出るものもあります。

定期保険の活用法

「掛け捨て保険」という別名のある通りに保険料が安価な保険なので、働いていて、養う者のある者・責任を負う者が大きな保障を欲する時によく使われます。
事業保険・経営者保険(別の項で後述します)などの、法人=企業を契約者として大きな保障を準備する保険としてもよく使われています(経営者や役員の死亡退職金や事業保障資金を準備したい法人=企業の他に、従業員の福利厚生制度として弔慰金を準備したい法人などにおすすめです)。

保険情報について


定期保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ