生存保険と死亡保険

保険商品
生存保険と死亡保険
保険種別
生命保険

生存保険と死亡保険の特徴

生命保険というのは、大雑把に三つに分かれます。これからお話するこのみっつが、生命保険の基本と思ってください。
それが「死亡保険」、「生存保険」、「生死混合保険」です。
生命保険会社に入社すると、どんな職種でも(事務担当の女性でも、いちばん多い営業担当の女性でも、大学を卒業して幹部候補生となっていく男性でも)まず、基本的な販売資格を得るための試験を受けるのですが、その試験に必ず問題として出ると言っていい話題です。
ちなみに、生命保険には、保障機能と貯蓄機能を併せ持っているために、預貯金にはない特色→万が一途中で死亡した場合に、(預貯金ではそれまで積み立てられた元利合計額が返ってきますが)生命保険では保障額が積み立てられているか否かに関わらず、確実に保障額を受け取れます。

生存保険と死亡保険のメリット

どれも文字通りの意味で、「死亡保険」は死亡または高度障害になった際に限り保険金が支払われます。
「生存保険」は、契約してから一定期間が満了するまで、被保険者が生存していた場合のみ保険金が支払われるタイプの保険です。
「生死混合保険」は「死亡保険」と「生存保険」を組み合わせた保険で、被保険者が保険期間の途中で死亡または高度障害になった場合、もしくは保険期間満了までに生存した場合に保険金がおりるタイプです。

生存保険と死亡保険の活用法

ニーズによって変わってきます。貯蓄したい・資産を増やしたいか、万が一のことが起こった際の残された家族のために保障が欲しいか。
保障をかけている合間に、お小遣いが欲しいというニーズに応えたもの(これは特約などを組み合わせて販売されています)もあります。
貯蓄したい・資産を増やしたいなら、個人年金や貯蓄保険などの生存保険が、保障が欲しいなら死亡保険でしょう。
今日では、生死混合保険に当たる養老保険は前者で、定期付養老保険は後者的な使われ方がされているといえます。

保険情報について


生存保険と死亡保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ