保障の見直し

保険商品
保障の見直し
保険種別
生命保険

保障の見直しの特徴

よく、現在加入している生保会社のライフ・コンサルタントは「転換しませんか?」と言ってやってきませんか?
アカウント型保険だと「見直ししませんか?」となるでしょうか。
加齢や家族の増加などによるライフスタイルの変化は、生命保険をそのままにしておくのを許しません。
それまでの定期付終身保険の場合、見直しには以下の3つの方法があります。「転換(主契約も含めた契約全体の見直し)」・「中途付加」・「追加契約」といった方法があります。
アカウント型の場合は見直したい部分が見直せて、主契約の再加入の必要がないというのがセールスポイントですが。そのアカウント型に定期付終身保険から転換しませんかという意見も来るわけです→ここでアカウント型に変えてしまえばその後は見直したい部分だけ見直せるという策をとっている会社もあるのですが。

保障の見直しのメリット

それまでの定期付終身保険の場合、見直しには以下の3つの方法があります。「転換(主契約も含めた契約全体の見直し)」・「中途付加」・「追加契約」といった方法があります。
3人目のお子様がお生まれになったら保障額を増額しようとか、最後のお子さまも就職なさったからもう大きな保障はいらないな、もう年で今後なにか病気をしないとも限らないから入院給付金が1日目から欲しいな、去年より給与や報酬が減ったから保険料を支払うのはきついな、などを思うはずです。
そういった際行うのが「見直し」です。
見直した結果、より良い保険・保障内容になっているはずです。
基本的にライフ・コンサルタントは、そういったお客さまの生活の変化に応じて、経済的なアドバイザーとなるのが仕事なのです。

保障の見直しの活用法

いわゆる「アカウント型保険」は、この「見直し」が柔軟にできるというポイントもセールスポイントのひとつとなっています。
前述のように、入院給付金を1日目からもらえるようにしたい、という時や、収入が減ったから保険料安いのがいいなあ、と思った時、保険期間を延ばしたいと思った時などが、この「見直し」をするときなのです。
なお、もとの契約の契約時期によっては、転換や見直しの試算もできないという時期がありますので注意してくださいね。

保険情報について


保障の見直しのカテゴリ記事

このページの先頭へ