生存給付金付定期保険

保険商品
生存給付金付定期保険
保険種別
生命保険

生存給付金付定期保険の特徴

生命保険会社によって扱っているところといないところ(多くはないですがね)があるのでこの保険めあてで加入されたい時はよく注意することが必要となってきます。
前述した「定期保険」の契約・払込期間中に、数年おきに主契約の保険金額に応じてそのなん%かの金額を受け取ることができる保険なのです。
この受け取れる金額を「生存給付金」と呼んでいます(会社によっては祝金と呼んでいるところもあります)。
契約・払込期間を15年、生存給付金は3年おきに支払われるという設定にしている会社が多いようです。

生存給付金付定期保険のメリット

なんといっても数年おきに「生存給付金」という名の「おこづかい」が出ることでしょうか。これは保険料を支払う張り合いが出ることと思います。
掛け捨て保険でありながら貯蓄性を持っているわけです。
そしてこれは筆者がかつて経験したことなのですが、支払いまで数ヶ月という段階で契約者貸付を受けますと、数ヵ月後に受け取れる生存給付金に近い金額を貸し付けていただけるので(生存給付金を前借りするような格好です)、ありがたい話と言えるでしょう。

生存給付金付定期保険の活用法

若いひと、もしくは30代40代の女性向けの保険として契約年齢を設定して売り出している生命保険会社が多いです。
目に見えてなん年に一度おこづかいが出るというのが特に魅力的である人たちと言えるからでしょう。同時にこのあたりの方たちは一般的には高額の保障は必要としていないと思われているわけです。
もっとも、所定の時期にまとまった額のお小遣いが支払われる保険というのは、こども保険とも共通しているので、お子さまにも応用が利くわけです。
20代後半以降の年齢の男性層からは「自分たちだけこういうのがないなんて不公平だ」という意見があるかもしれませんが、アカウント型保険の「好きな時にアカウント部分を引き出せる」という部分はそのあたりの意見からも出てきたのかもしれませんね。

保険情報について


生存給付金付定期保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ