医療保険

保険商品
医療保険
保険種別
生命保険

医療保険の特徴

高額の医療費の発生による貧困の予防や生活の安定などを目的として発生したようです。
生命保険会社では、昭和50年代に登場した「入院特約」(最初は20日以上入院した段階で1日目からおりるものだったのが、5日以上入院すると5日目から出るもの、今日では0泊1日からおりるのが特徴です)が、
お客さまのニーズや1990年代からの不況による家庭における収入の低下などが伴ってそれまで「特約」としてさまざまな保険にくっついて販売されていた商品が、独立して販売できるようになりました。
公的医療保険(いわゆる「健康保険」ですね)の補助的色合いもあります。

医療保険のメリット

病気や災害などで入院することによって、入院給付金がおりることにより生命保険のありがたみを実感した方も多いと思われます。
どんなひとでもまったく何も起こらないとは限りません。「備えあれば憂いなし」の言葉通り、どんな年齢のどんな(職業などの)環境に生きているひとでも必要としている保険なのです。
「告知扱い」で加入できるというメリットもあります(医師の診査が必要ない→健康診断に行かなくても加入できるのです)。

医療保険の活用法

医療保険単独で加入している方だけでなく、定期付終身保険などの主力商品の「特約」として加入している人も含めたら、ある意味生命保険でいちばんお客さまのニーズをつかんでいる商品と言えるでしょう。
前述したとおり、どんな年齢でどんな職業についてどんな環境に生きていても必要とする保険です。
医療保険の細かい中身は、各特約として(災害入院給付金、疾病入院給付金、女性特定疾病入院給付金など)それぞれの項で紹介します。

保険情報について


医療保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ