生存給付金付定期保険付養老保険

保険商品
生存給付金付定期保険特約付養老保険
保険種別
生命保険

生存給付金付定期保険特約付養老保険の特徴

前述した「定期付養老保険」に、さらに(これも前述した)「生存給付金」がくっついてくるタイプの保険です。
大きめの保障があって、満期時に満期保険金が支払われて、数年おき(3年おきであることが多いかと)に生存給付金という名のお小遣いが、保険金に対する所定の割合のもと支払われる、という商品です。
貯蓄性が非常に高いため、保険料は割高であることは注意すべきです。ちなみに、養老保険の部分が終身保険となって、新入社員向け商品として販売されていた時期もありました。
契約期間は15年とどちらかと言えば短めの期間を採用していることが多く、更新もないことが多いです。

生存給付金付定期保険特約付養老保険のメリット

保障もあり、満期保険金もおこづかいもあり、とやや割高な保険料を払うだけのことはある保険と言えます。
短いスパンで捉えた保険ですので、「長い保険がイヤ」な方にとっても良い保険だと思います。
一部では小口の死亡保障に対するニーズが高まってきているようですので、そちらに対応してこの商品を設計した生保会社もあるようです。
定期保険をいくらに設定するかで保障を大きくも小さくもすることができます。加入会社の規定内で保障を見直ししてください。

生存給付金付定期保険特約付養老保険の活用法

満期保険金と数年おきの給付金(「お祝金」という言葉を使用する生保会社もあります)が支払われる、という点は実はこども保険と同じです。
そのせいか、小学生のお子さんを被保険者にしてお父さまが保険料を支払う、というこども保険的な使い方もあります。
他には、上記したとおり、小口の死亡保障に対するお客さまのニーズも高まってきているようですので、加入会社の規定も調べながら(割と若年層をターゲットに設定しているようですよ)加入を検討なさってください。

保険情報について


生存給付金付定期保険付養老保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ