保険の組み合わせ

保険商品
保険の組み合わせ
保険種別
生命保険

保険の組み合わせの特徴

基本的な保険はおおむね説明したので、次からは、組み合わせでできている商品の解説に入っていくのですが、その前に、このタイトルで書いてみましょう。
保険ひとつひとつは、おおむねひとつの役割しかないのです。死亡保険と生存保険、医療保険もそうです。
皆さまにおなじみの商品で言いますと、定期付終身保険などが組み合わせた商品です(以下、定期付終身保険を例として使わせていただきます)。
この定期付終身保険も、定期保険と終身保険を組み合わせることによって、安価な値段で大きな保障を得られるようにできているわけです。
今日ではかつて「特約」としてだけ販売されていた医療保障部分も、独立した保険として販売されています。

保険の組み合わせのメリット

組み合わさっている保険商品に加入するいちばんのメリットは「1枚の保険証券で、いろいろな保障がついてくる」ということだと思われます。
その分わかりにくさもあるかもしれませんが、「なくしてはいけない」と考えてしまうようなものはできれば少ない方が良いという考え方もありますから、少しゆるゆると生きられるのではないでしょうか。
少々ネガティブなことを書いてしまいましたが、1枚の証券・ひとつの証券番号(生命保険に加入すると必ずこの番号は付いてまわります。桁構成は会社によって違います)で、終身保障と大きな保障と引き出せる貯金まで得られるというのはやはり魅力だと思われます。

保険の組み合わせの活用法

組み合わせることにより保険はさまざまな効力を発揮します。
生命保険募集人の資格試験を受験するのに学ぶ際必ずと言っていいほど聞く台詞が「貯金は三角、保険は四角」なのですが、これは徐々に積み立てられていく貯金と(だからはじめは何も得られない)、払い始めたときから万一の際には多額のお金を得ることができる保険を図形にたとえた台詞です。
ただ「四角い」保険もさまざまなものがありますので(この貯蓄と組み合わさっている保険商品だってあるのです。後述します)、これらの魅力を組み合わせることによって、お客さまおひとりおひとりのニーズにおこたえすることができているはずなのです。

保険情報について


保険の組み合わせのカテゴリ記事

このページの先頭へ