こども保険

保険商品
こども保険
保険種別
生命保険

こども保険の特徴

「生存保険」の例としても使われる貯蓄保険と言えます。積み立て式で、両親や祖父母の誰かが契約者となることが多いです。
ご契約者に万一のことがあった場合には、以後の保険料が必要ないので、その分ご契約者様の告知書(健康や職業などを包み隠さずうちあけた書類です)も準備する必要があります。
お子さまとご契約者様の「連生保険」でもあります。
お子さまの教育資金として、かんぽ保険の「学資保険」に対応した商品なのでしょう。

こども保険のメリット

お子さまには、その成長によって、幼稚園や保育園に入園するところからはじまり、小学校・中学校・高校・大学その他の教育機関へとステップアップしていきます。これら節目の来るたびごとに、ボーナスが用意されていると考えると良いでしょう。
前述したように、ご契約者に万一のことがあった場合には、以後の保険料が必要ありません。
なお、これは契約する会社にもよりますが、18歳と22歳のふたつから満期時期を選ぶことができます。
保険料の払い込み期間も、満期までまるまるというだけでなく、もっと短いパターンを選ぶことができます。

こども保険の活用法

前述もしましたが、満期時以外の、契約期間途中でまとまったお金が出ますので、お子さまの節目節目のまとまったお金が必要な時期に対応できます。受取率が高いので教育資金の準備としておすすめです。
また、ご両親のどちらかだけではなく、おじいさまやおばあさまのどちらかが契約者になっているケースも多いです。お孫さまへのプレゼントというわけなのです。
たとえば、高校に入学する場合は、私立と公立ではずいぶんと差が出ますので、子供保険に加入して供えておけば憂いなしでしょう。

保険情報について


こども保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ