これまでのがん保険に対する印象を大きく変える、新しいスタイルのがん保険

このエントリーを含むはてなブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録            

インターネットを専門とした損保会社が提供するSBI損保のがん保険は、がんの治療に際して実際に支払う事になる金額(支払った額)を保障するタイプの保険です。

治療費に拘わらず一日当たり一定額が支給される事になる日額給付型保険に比べて、保険料がかなり抑えられる点も大きな特徴でしょう。
実際の治療にかかる医療費の保障なので、通院治療にも対応可能です。

お勧めポイント

保障内容は3つのみとシンプルですが、がん診断給付金は再発後も2年以上経過していれば何度でも支給可能、入院保険金は無制限、通院は保険期間内なら1000万円を上限に支払われるなど、必要に応じた保障を都度受けられる、という合理的な面は大きなメリットと言えるでしょう。

不必要な部分をそぎ落とした分、保険料がかなりリーズナブルなお値段となっている点も魅力です。

デメリット

保険期間は5年間ですので5年後毎の更新が不可欠である上、契約更新毎に保険料が少しずつ上がります。
更新する際にはその点を考慮して更新の是非をしっかり吟味する必要があるでしょう。

口コミ評判 ピックアップ

良い評価の口コミ

この保険料の安さで自由診療まで保障してくれる点は優秀だと思う。万が一の備えとして入っておいても損は無いと思える保険。

悪い評価の口コミ

契約更新に関係なく保険料は一定、となれば100点満点だったのに、と思う。

まとめ

インターネット専業である点を活かし、これ以上なく保険料を安く抑える事を実現している点は評価すべきと言えます。
現在、保険料の負担を最小限に抑えたがん保険への加入を検討中の方にとってはこの上なく相性の良い保険となるのはもちろんのこと、現段階で加入している医療保険を強化する目的で、サブ的な役割として利用する価値も十分にある保険です。


タグ

« あらゆる変化にも柔軟に対応できる損保ジャパンDIY生命の1年組み立て保険 | ホーム | ネットが普及した現代だからこそできる、賢い保険の選び方 »

このページの先頭へ