がん保険

保険商品
がん保険
保険種別
生命保険

がん保険の特徴

「『がん』という疾患だけ」を対象にした保険です。
前述した「医療保険」とならび、「第三分野保険」というグループに入るのだそうです(「第一」は生命保険、「第二」は損害保険だそうです。このふたつには販売会社の明確な規定があるけれど、この第三分野にはないからだそうです)。
アメリカン・ファミリー(アフラック)生命保険が1974年に売り出し、その後日本では外資系生命保険会社の独壇場という分野とされてきました。
がんの治療時だけでなく、その後の回復もフォローします。

がん保険のメリット

後述する「特定疾病保障定期保険」の項でも書きますが、この保険は特に、『がん』によるすべての、入院・手術・死亡・退院後他の治療などの保障をする保険です。
終身保険タイプと定期保険タイプがあります。
特にがんという病気は他の病気よりも多額の治療費がかかるせいか、多少「既製のものごとを疑うタイプの人」もアフラックで加入していることがあり、それが生保各社がアフラックの商品を意識して営業職員を指導している裏ともなっています。
がんの治療だけでなくその後の回復もフォローというのは、手術・退院後のフォローや、再発に対する備えです。

がん保険の活用法

今日では、国内生保はいわゆる「主力商品」に組み込んで、「特約」のひとつとして販売していることも多いが、外資系は単独で販売をしていることがあります。
外資系は入院保障プラス「治療給付金」となっていることが多いです。
国内生保の場合は、外資で言う「治療給付金」が「治療保障定期保険特約」と、酷似した中身でも会社によって名前が違うということがありますので、各社の商品を比較する場合、A社のこれとB社のあれはどう違うのか、という疑問は、最近増えてきた、さまざまな会社の商品を取り扱いできる販売員やインターネットのホームページで相談することもおすすめいたします。

保険情報について


がん保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ