経営者保険

保険商品
経営者保険
保険種別
生命保険

経営者保険の特徴

経営者に万が一のことがあった際、企業が被るさまざまな損失というのは本当に大きいものです。
そこで、これらの問題を解決した上で、企業にとってかけがえのない経営者の生活の保障もフォローし、企業の成長と発展に役立つのがこの経営者保険なのです。
利用するのは主に定期保険(他に養老保険や定期保険特約付養老保険、終身保険に定期保険特約付終身保険、個人年金保険というケースもあります)ですが、契約者と受取人が企業であるところ(被保険者は役員・幹部従業員です)がこれまで紹介した保険たちと違う点です。
ここまで紹介してきた定期保険などの保険を「個人保険」と呼んでいます。
優秀な成績でい続けるライフ・コンサルタントの中には、この経営者保険をいただくのを得意にしている者もいます。

経営者保険のメリット

経営者保険に生命保険を利用すると事業保障資金を確保できて、法人税を繰り延べることができます。
どの保険商品を使用するかによって、メリットが違い、それぞれに魅力的なのですが、経営者保険に最もよく使用される定期保険についてだけここで書きますと、契約時の保険期間と保険年齢により、全額または一部が損金に参入することができるのです。
傷害特約などの特約保険料は、保険証券などで区分されていれば、これも損金に算入できます。事業拡大期の経営者の保険には逓増定期保険(一定の期間単位で一定の額の定期部分の保険金が増えていく保険のことを指します)がよく使われています。こちらは事業の拡大に合わせて必要な保障額が増えていく企業経営者様にうってつけです。

経営者保険の活用法

目的や活用法が非常にはっきりしているし、契約を結ぶ担当者も理解している方が多い保険です。
まず上記したとおり、経営者に万が一のことがあった際に、企業が被るさまざまな損失という問題を解決した上で、企業にとってかけがえのない経営者の生活の保障もフォローするというのがまず第一でしょう。
これは営業職員に向けたお話ですが、被保険者一人分の契約が「1件」なので、加入者が多くいると非常にうれしいことになりますよ。

保険情報について


経営者保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ