生命保険 - アカウント型

保険商品
「アカウント型」保険
保険種別
生命保険

アカウント型保険の特徴

「○年ごと利差配当付利率変動型積立終身保険」という正式名称で呼ばれている、21世紀に入ってから登場した保険です。
「アカウント」というのは、払い込みが終わってから終身保険に変わる部分で、加入時に積み立てられた金額がそのまま積み立てられていくシステムです。
この部分に、医療特約と定期保険などの(今日では後述するようにさまざまなタイプがある)大きい保障をつけて販売するのが一般的です。
今日の生保会社が販売に最も力を入れている「主力商品」です。なお、「アカウント」部分の名称は会社によって違うのですが、「アカウント型保険」という名称で「ウィキペディア」にも出てますのでこの呼び方を採用しました。なお、保障部分の名称も会社それぞれですので、このタイプの商品をさまざまな会社で比較する時はライフ・コンサルタントと一緒に選ぶほうが良いと思われます。

アカウント型保険のメリット

これまでの定期付終身保険では貯蓄になる終身保険部分も掛け捨てとなる定期保険部分も同じ「保障」で(終身部分と定期部分が合算された金額を「販売額」としていた)あったが、
「保障は保障」「貯蓄は貯蓄」とし、貯蓄部分を引き出し自由としました。
そして、会社によっては規定の範囲内で保障の減額にも応じるし、ライフスタイルの変化によって保険をいじりたい直したいところが出た際に、いじりたくない部分はそのままにしておけるというそれまでの感覚からすれば「画期的」な部分がある商品です。

「アカウント型」保険の活用法

まずはなんといっても、大型保障の必要な、妻と小さな子どもとがいる男性たちと思われます。
最近では、会社により、大きな保障部分の内容にもいろいろあって、これまでの死亡保険の支払い条件の中の「高度障害」に比べたらさほど厳しくない条件で生前に年金型で保障が受け取れるものなどがあるので、これなどは、病気や事故などで働けなくなった独身者にとってもありがたいものと言えるでしょう。
他には50歳を過ぎた世代には「逓減」タイプの(文字通り減っていくタイプ。詳しくは特約の項でひとつ項を設けて書く予定)定期保険などが良いと思われます。
これまでの大きい保障タイプの保険は、掛け捨ての定期部分と貯蓄できる終身部分の合計額で保障が捉えられていて、貯蓄部分を容易に引き出せなかったので、そのあたりに対応して登場した保険商品なのです。

保険情報について


生命保険 - アカウント型のカテゴリ記事

このページの先頭へ