かんぽ生命の特定養老保険

保険商品
特定養老保険
保険種別
かんぽ生命

特定養老保険の特徴

かんぽ生命の「保険ラインナップ」には「病気と一緒に頑張る方へ」というキャッチコピーで紹介されている保険です。
仕事や日常の暮らしに何の支障もないのに、慢性疾患があるという理由で保険に加入できなかった方のために設定された保険です。
病気の症状の程度により、一定の条件のもとで加入することができます。
加入できる年齢は40歳から65歳までで、期間は10年満期、加入限度額は500万円となっています(この点はご注意を)。

特定養老保険のメリット

慢性疾患の方がご加入できる保険ですが、加入当初から契約した基本保障がでるのは事故による死亡の場合だと言うことは覚えておきましょう。
ご契約からまる2年経過するまでは基本保障額(=満期保険金額でもあります)の50%、2年から3年を迎えるまでは基本保障額の80%しか支払われません。
ちなみに、ご契約から1年6ヶ月が過ぎると倍額保障が基本保障額と同じだけの金額支払われる資格を得るのは他のさまざまなかんぽ生命の保険商品と同じです。
3年間無事に過ぎれば基本保障額が支払われます。

特定養老保険の活用法

(かんぽ生命から見た)他社で生命保険に加入したものの、その後慢性の疾患と闘うようになってしまい、転換(その他保障見直し)や、医療特約を現代風に変更することもできなくなってぼやいている方もいらっしゃるかと思います。
生存保険金などは出ないものの、限度額いっぱい500万円に加入すれば、満期の時の大きな楽しみができます。
それを楽しみにして、病気と闘いつつ日々を過ごしてください。
年齢も重ねて、病気にもかかった分、保険のありがたみを知っているわけですから、きっとこの保険を人生の中で役立てるはずです。

保険情報について


かんぽ生命の特定養老保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ