かんぽ生命の新学資保険

保険商品
新学資保険
保険種別
かんぽ生命

新学資保険の特徴

おそらくかんぽ生命で最も親しまれている保険商品の登場となるでしょう。
民間生命保険会社も、こと学資保険の分野においてはかんぽを意識していることが考えられます。民間ではよく「こども保険」と言う表現で親しまれています。
養老保険の一種とも考えられています(「満期保険金」がありますし)。
「生存保険金」が支払われる(満期より払込満了時期が早いもの)プランと、「全期間払込」というプランがあります。
どちらを選ぶか、更にもうひとつ、「育英年金付学資保険」という選択肢もございますので、じっくりご検討されてください。

新学資保険のメリット

民間他社との比較になってしまうのですが、民間他社の「こども保険」が6歳以下でないと加入できないのに対し、かんぽ生命は12歳まで加入できます(18歳満期・生存保険金付22歳満期の場合。生存保険金付18歳満期の場合は9歳までで、15歳満期の場合は10歳までとばらつきもありますがどちらも民間他社より加入できる年齢が高いのが特徴といえます)。
被保険者である子どもさんが18歳で払込満了で22歳で満期を迎えるプランにした場合、基本保険金額を500万円とした場合、18歳の大学進学時に一時金が300万円、20歳の成人時にもやはり一時金が100万円出ますので、受け取れる満期保険金は100万円となります。

新学資保険の活用法

「メリット」の項で書いた18歳の大学入学などの節目の時期(=進学の際の入学金などお金のかかる時期)に300万円受け取れるのはかなり大きいと思います。
「18歳払込済生存保険金付18歳満期学資保険」の場合は、12歳の中学校進学時に一時金が50万円、15歳の高校進学時にまた一時金が50万円、最終的な満期保険金を400万円、合計500万円受け取ることができます。
「全期間払込18歳満期学資保険」というプランの場合は、一時金なしで、満期保険金500万円プラス契約者配当金を受け取ることができます。

保険情報について


かんぽ生命の新学資保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ