海外旅行保険

保険商品
海外旅行保険
保険種別
損害保険

海外旅行保険の特徴

被保険者が海外旅行をしている間に(これは、海外旅行をするという目的を持って自宅を出発してから帰宅するまでの行程を意味します)生じた事故による傷害死亡や、傷害後遺障害、傷害治療費用、疾病死亡、疾病治療費用などを保障する保険です。
保険料を基準に設定するタイプと保険金を基準に設定するタイプの2つのパターンがあります。
旅行先で、病気になった・それに伴い家族が当地へ行った・ホテルの備品を壊してしまって損害賠償を請求された・搭乗予定機が欠航してホテル代を負担した・事故に遭って怪我をした、などのアクシデントに対応しています。

海外旅行保険のメリット

保険期間を旅行する期間に合わせて規定するために、保険料率(保険料を算出する際に用いるもののこと)も旅行期間別に定められています。1年以内の短い契約が主流です(損害保険の保険期間※ は通常1年ですが)。
加入する会社により入院一時金・航空機寄託手荷物・航空機遅延がセットされていたり、携行品の損害や賠償責任をフォローしてくれたりします。
旅行なさる方が入院された・渡航先で地震などの災害が発生した・空港に向かう電車が遅れた、などの出来事により出国を中止したり旅行の途中で帰国した場合などは、負担された費用をお支払いしたりもしています。

※保険会社が保険契約に基づいて責任を負う期間のことを言う。

海外旅行保険の活用法

海外旅行とは、慣れている人といない人とでさまざまな違いがでてくるかと思われます(どんなレジャーも慣れ具合によって、気の持ちようなどが変わっては来るのですが、この海外渡航というものは不慣れだと不安も付きまとうでしょう)。
今日では、英語が話せる日本人も多くいますが、海外に行くこと自体が不慣れな人は、普段遣っている言葉と言葉が違うだけで、(住んでいる国内で起きた出来事なら落ち着いて対処できることでも)対処に戸惑うことと思われます。
そういう状況であることを考えて、海外に旅立つ前には加入しておくと良い保険です。

保険情報について


海外旅行保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ