普通傷害保険

保険商品
普通傷害保険
保険種別
損害保険

普通傷害保険の特徴

日本国内・国外を問わず、急激かつ偶然な外来の事故により被保険者が怪我をされた場合に保険金をお支払しています。
会社によっては「家族傷害保険」と同じリーフレットでご案内をしている場合があります。
この傷害保険やがん保険、医療保険といったあたりは生命保険でも(特約としてなどで)扱う分野のため、こんがらがっている読者様もいらっしゃるかと思われます。
しかし、外来の事故のみを保障する損保の傷害保険と(年齢と共に高まる病気や死亡の危険を保障する生命保険とは)は技術的根拠が本質的に異なっているのです。
この傷害保険は事故に遭ったことにより発生する、死亡・後遺障害・入院・手術・通院に関する保障を扱っている保険です。

普通傷害保険のメリット

国内・国外を問わず、被保険者が日常生活を過ごす上で起こる事故を起因とする「ケガ」に対して保険金を支払う保険商品です。
海外旅行・医療・がん・介護なども含めて「からだの保険」と呼ばれることもあります。
ケガをすることによって生じる思いがけない、かつ多額の出費は、わたしたちとその家族に、肉体的・精神的な苦痛をもたらすばかりでなく経済的ににも大きな負担や打撃を与えます。
このことによって家族全員の生活も一変することだってあるのです。
他にも、下に書くような出来事が起こった際、一家の手助けとなりますよ。

普通傷害保険の活用法

日常生活の中で万が一事故に遭って、怪我を負い医者にかかったとします。その場合の治療費は、健康保険などの公的な社会保障制度によって保障されているから大丈夫と思われていらっしゃる方も多くいるかと思われます。
でもひとたび入院しますと、治療費のほかにもさまざまな費用がかかる上に、入院した当事者が大人だったら本人が、子どもさんだったらついてみているお母さまお父さまが、仕事ができなくなって収入が途絶えてしまうこともあるのです。
また、ケガが原因となって後遺障害がでてしまったり、不幸な場合は死亡してしまうことだってあります。
こういった不測の事態に備えるために傷害保険はあるのです。

保険情報について


普通傷害保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ