医療保険(損害保険)

保険商品
医療保険
保険種別
損害保険

医療保険の特徴

がん保険などと同様に「第三分野の保険」に該当する保険商品の登場です(「第一分野」=生命保険にも「第二分野」損害保険にもあてはまらないということでどちらの会社でも取り扱っているのです)。
疾病や傷害による入院や手術などの場合に、公的医療保険ではまかなえない経済的リスクに備える保険です。
なお、保険契約締結時に、被保険者の健康状態や過去の傷病歴などの告知が義務付けられます。他の損害保険商品に比べてはるかに大きな意味を持ってくる事項ですのでご了承ください(被保険者の健康状態については本人の告知から来る情報に頼らざるを得ないため)。

医療保険のメリット

下に書くような事が理由で起こった事由では保険金をお支払いできませんが、予測できない事態に対応するのが保険というものです。
保険期間には、期間を定めた「定期タイプ」や、一生涯医療保障をしてくれる「終身タイプ」があります。
支払われる主な保険金は、疾病入院保険金・疾病手術保険金・傷害入院保険金・傷害手術保険金の4つが主だったところです。
なお、ご契約後に3年ごとに保険料を見直し、市場金利にしたがって定められる「標準予定利率」が上がった場合は自動的に保険料が下がる、と言うシステムを採用している会社があります。

医療保険の活用法

なお、以下のような場合には保険金が支払われませんのでご注意ください。
傷害疾病共通の場合ですと、故意、ケンカ・自殺・犯罪行為、むちうち症や医学的他覚所見のない腰痛が、傷害固有の場合は無免許・酒酔い・麻薬等使用中の運転に起因するもの、地震・噴火とこれらによる津波が該当し、
疾病固有の免責事項は、先天性傷害・麻薬等の使用・アルコールや薬物への依存に加え妊娠・出産も該当します。
料理をしていたりスポーツをしていたりして怪我をした、肺炎にかかった、盲腸炎にかかった、などこの保険の出番は数多いです。

保険情報について


医療保険(損害保険)のカテゴリ記事

このページの先頭へ