ガラス保険

保険商品
ガラス保険
保険種別
損害保険

ガラス保険の特徴

偶然の事故によってガラスが壊れてしまった時、がこの「ガラス保険」という商品の保険金お支払いの事由だそうです。事故のパターンはいろいろとありますが、後述します。
対象となるガラスは、ショーウインドウ、ショーケース、ガラス扉・ガラス戸、ステンドグラス、窓ガラス、定着鏡といったところです。
シャッター・格子などの防護設備のある場合は、所定の保険金の30%引きで支払われてしまいますので、お気をつけになってください。
後述する部分が理由からか、法人向け保険の色彩が強いようです。

ガラス保険のメリット

火災保険に付け加わっているガラス損害担保特約が、建物に定着するガラス全てを包括的に保険の目的とするのに対し、個々の特定されたガラスを対象とします。
まれに、酔っ払い運転によって、ショーウィンドウに自動車が突っ込み、ガラスをめちゃくちゃにした上に、そのようにして壊れたガラスによって飾ってあった商品も傷つくことがあります。
そうした際に、傷ついた商品はまた別の保険が補償しますが、ガラスに関してはこのガラス保険が補償するのです。
このような事件ですと、たまに、通学途中の小学生が現場を歩いていて、彼ら彼女らが怪我を負うことからセンセーショナルに報道されますが、彼ら彼女らにだって親御さんがなんらかの形で生命保険などをかけているでしょうが、ガラスにだって保険がかかっているのです。

ガラス保険の活用法

特定のものを補償することが多い損害保険ですが、かなり限定された範囲の保険であると思われます。
ガラスを通して商品を見せることが多いとされるすべての店舗にとって有益な保険です。
衣料品を扱う店舗や、さまざまな料理(中華料理・イタリア料理・ケーキなどが多いという印象が筆者にはあります)・食器・アクセサリー・身につける小物(眼鏡など)など、視覚に訴えるタイプのさまざまな商品を飾る際にそれらをカバーするのにうってつけです。

保険情報について


ガラス保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ