保険商品
釣り保険
保険種別
損害保険

釣り保険の特徴

「釣り」だって立派なスポーツの一種です。釣りが趣味だとおっしゃる方はあなたの周りにも有名人にもけっこういらっしゃいます。それも年齢は問いません(やや男性がまだ多いかな……)。
この釣り保険の特徴は、魚を釣るという目的で自宅を出発してから帰宅するまでの行程の間に起きた傷害事故、第三者に対する賠償責任および、遭難した場合の捜索費用を補償しているものです。
釣堀での釣りはこの保険の対象となっていないことを考えますと、釣りを目的として出かける先はそのほとんどが自然の中です。自然の中は気をつけていないとアクシデントも多く大変なのですが、万一への備えは大丈夫でしょうか?

釣り保険のメリット

以下に書くことがつりというスポーツならではだと思わざるをえないのですが、遭難捜索費用について書いておきます。
つりの行程中に、被保険者であるあなたが遭難され、「遭難・救出・移送」の活動に従事した捜索者の請求にもとづいて支払った費用に対して、保険期間を通じて保険金を限度としてお支払いします
(帰り着く予定期日から48時間を経過しても帰ってこなかった場合は、被保険者であるあなたの法定相続人等が警察や海上保安庁などに捜索を依頼したことをもって、遭難が発生したことをみなします)。

傷害事故に関しては、釣りの行程中に、急激かつ偶然な外来の事故によってケガをした場合、状態によって次の保険金をお支払いします→死亡保険金・後遺障害保険金・入院保険金・通院保険金(特約)。

釣り保険の活用法

釣り保険単独でというよりは、傷害保険に加入する際に、「趣味が釣りだから、釣りをしていてのリスクに備えておきたい」とか、「(以下若干話がずれますが)家族でよくキャンプをするからレジャー中の補償を厚くしたい」という希望を持っている場合があります。
で、傷害保険の中に、「フィッシングプラン」というプランを設けている会社もあるのです。
救援者、すなわち捜索者に対する費用もカバーするようになってますし、釣りがお好きな皆さんは、これらの知識をあわせ持って、川や海や湖を舐めないで遊ぶ。
そうしてこそ、真に趣味・レジャーが楽しいものになるのだと思われます。
浮かれすぎて前の夜眠れなかったなど経験ありませんか? それは禁物ですよ。

保険情報について


釣り保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ