自転車保険

保険商品
自転車保険
保険種別
損害保険

自転車保険の特徴

自転車保険(自転車総合保険)は、損害保険のひとつです。
これは自転車での交通事故に対する保険で、「相手への賠償」や「自分の怪我」が補償されます。「家族型」「夫婦型」「個人型」などがあり、契約種別によって補償の範囲が変わってきます。

現在、自転車保険あるいは”自転車向け保険”と言われている主な保険商品は、「傷害保険」と「個人賠償責任保険」の2つがセットになっています。
「傷害保険」は、自転車を運転中に怪我をしたり、歩行中に自転車にぶつかったりした場合の自分の怪我に対する保険です。「個人賠償責任保険」は、自転車事故で他人に怪我をさせたり、物を壊して賠償責任が発生した際の支払いに備える保険です。

自転車保険のメリット

自転車事故を起こした小学生の親に、9,500万円の損害賠償を命じた判決がありました。手軽な交通手段とはいえ、自転車も立派な車両です。被害者にも加害者にもなりえるわけですが、高額な賠償責任のリスクに備える必要があるでしょう。

自転車保険の活用法

自転車運転中の事故だけでなく、歩行中に自転車に追突された事故や、日常生活におけるさまざまな賠償を保障してくれる自転車保険が多いようです。
また、万が一、自転車事故を起こしてしまった時に、保険会社の担当者が、被害者と交渉し示談を取り付ける「示談代行サービス」が付加された自転車保険もあります。

ただし、「傷害保険」と「個人賠償責任保険」は、自転車保険以外でも補償できます。既に怪我を保障する傷害保険に加入している場合は「傷害保険」は不要でしょう。「個人賠償責任保険」においても、他の保険の特約で既に付加している場合は不要です。例えば、自動車保険や火災保険、共済の特約として個人賠償責任保険を付加できる保険商品などがあります。

自転車事故のリスクをサポートするのに必要な「傷害保険」と「個人賠償責任保険」の二つを、自転車保険で備えるのかどうかは、検討の余地があるといえるでしょう。

保険情報について


自転車保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ