車両保険

保険商品
車両保険
保険種別
損害保険

車両保険の特徴

事故の相手方さまと相手方さまの「物」に対する補償、被保険者(ひとりでない、家族・親族に車に搭乗する者を含む人たち)の補償に続いて、この項では車そのものの補償の話をします。
被保険自動車が、衝突・接触・墜落・転覆・火災・爆発・盗難・台風・洪水・高潮。物の飛来・物の落下などの「偶然起こった事故」により、損害を受けた場合に保険金が支払われています。
すなわち、アクシデントによって車を使用できなくなる事態が、基本的にこの保険の出番なのです。

車両保険のメリット

壊れた車の修理代はもちろんのこと、それだけでなく、工場までのレッカー代など、修理にかかる費用を補償する保険です。
衝突・接触事故で壊れた場合はもちろん、いたずらで傷をつけられた(たとえば、車のドアに10円玉で、というケースでしょうか)場合などの、お車の修理にかかった費用を補償しています。
全損(この場合は車の損害額が家財の時価額の80%以上になった場合を意味する言葉)になった場合のさまざまな費用も補償しています。
保険会社によって少しずつ違うところがありますので、比較検討をおすすめいたします。

車両保険の活用法

警察庁の調べによると、今日、日本全国における自動車の盗難件数は非常に多いです。
自動車の盗難は、自動車のユーザーの被害に加えて、犯罪者集団が窃盗車の売買で不当な利益を得たり、凶悪な犯罪が発生した時には盗難車が犯人の移動手段として利用されたりするなどの深刻な社会問題となっています。
もちろん盗難という事態はこの保険の出番なわけですが、被害を最小限に防ごうという気持ちを持つことも大事なことだと思われます。

保険情報について


車両保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ