対物賠償保険

保険商品
対物賠償保険
保険種別
損害保険

対物賠償保険の特徴

被保険自動車(意味は「対人賠償保険」の項を参照してください)の所有・使用・管理に起因して、他人の財物に損害を与え、法律上の損害賠償責任を負うことにより被る損害に対して保険料が支払われます。
なお、対物賠償保険における被保険者は、対人賠償保険と同じです。
会社によっては、対人賠償保険、対物賠償保険、人身傷害保険、搭乗者傷害保険、車両保険といった保険商品はパックにしてリーフレットに掲載し、販売している場合もあります。

対物賠償保険のメリット

簡単に言えば、被保険者が、「もの」を巻き込んでしまった(壊してしまった)ことへの賠償を支払うことができる保険金、というわけです。
自動車を壊しただけでなく、電柱や塀を壊した場合の修理代を補償します。
そのために、上で書いた保険商品だけでなく、本当にたくさんのさまざまな特約をセットして販売しております。
どういった保険と・特約と、組み合わせられるのか。それは、さまざまな損害保険会社の資料を見くらべて、専門家のアドバイスも受けながら検討してみてください。

対物賠償保険の活用法

上にも書いた、細かいとも受け取れるかもしれないさまざまな特約も、お相手さま方との円満な事故解決のためにスタンバイしているのです。
居眠り運転の乗用車が、ブレーキを踏み忘れて民家に激突するといった事故や、乗用車が交差点を直進中に右手から来たトラックと衝突して、その後で付近の駐車場の壁・電柱・信号機に激突したなどという事故は、実際に発生しています。
既に起きてしまったことは消せないけれど、トラブルを大きくしないように勤める。自動車保険全体には、そんな姿勢も込められていると思われます。

保険情報について


対物賠償保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ