対人賠償保険

保険商品
対人賠償保険
保険種別
損害保険

対人賠償保険の特徴

被保険者が、ひとを巻き込んでしまった賠償を支払うことができる保険金、というわけです。
契約している自動車(以下「被保険自動車」とします)の所有・使用・管理に起因して、他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負うことにより被る損害に対して保険金が支払われる保険です。
なお、対人賠償保険における被保険者は、被保険自動車をメインで使用もしくは管理する者で、かつ、保険契約申込書に記名した者(を、以下は「記名被保険者」と書きます)と、その配偶者や同居の親族などです。
更に、記名被保険者の承諾を得た上で、被保険自動車を使用する者なども被保険者となり得るわけです。

対人賠償保険のメリット

賠償金の額が自賠責保険からの支払額を超える場合に、そのオーバーした部分について所定保険金額を限度として支払われます。
これらの保険金の他に、被害者が死亡したり、一定日数以上入院した場合には被保険者に臨時費用保険金が支払われる場合もあります。
1回の事故で被害者が複数いらした場合には、1名につきそれぞれ保険金額を限度として保険金が支払われています。
賠償請求に応えるには大変なお金がかかります。後述しますがそもそも事故を起こさないように気をつけて運転すべきではあります(巻き込まれた時に相手が保険に加入していれば支払っていただく立場にもなるわけですが)。

対人賠償保険の活用法

かといって、危険な運転よりは安全運転を(少なくとも読んでいただいている皆さまには)心がけていただきたいものです。
巻き込まれた時に相手が保険に加入していれば支払っていただく立場にもなるわけですが。
逆に(ハンドルを握っている時に体調が悪くて失神したり居眠りしたりと言うこともありますし)自分が、歩行者・自転車利用者・自動車運転者を事故に巻き込んでしまう可能性というのは、運転する以上頭に入れておくべきかもしれません。
なお、支払われるのは、死亡なら3000万以上の賠償責任を負ったとき、ケガなら、治療に120万以上かかったときに、 初めて対人保険の対象となります(ここで挙げた数字は自賠責保険の限度額です)。

保険情報について


対人賠償保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ