自賠責保険

保険商品
自賠責保険
保険種別
損害保険

自賠責保険の特徴

損害保険で最も売れていて知られてもいる商品と言えるでしょう。自動車のレンタルに関わっている人はこちらとの兼ね合いで、損害保険に関わって募集人資格を得ることが多いようです。
自動車というものは、今日では、わたしたちの生活にすっかり溶け込み、便利さ豊かさをもたらしますが、その一方では、数多い交通事故の発生源となっていることを忘れてはいけません。
この保険は、「自動車損害賠償保障法(自賠法、という略語があります)」という法律に基づいた、強制加入の保険です。

自賠責保険のメリット

自動車事故で、被保険者が歩行者・自動車の同乗者・他の自動車の搭乗者などを死傷させ、法律上の損害賠償責任を負うことにより被る損害に対して支払われる保険です(他人の財物に与えた損害に対しては保険金が支払われません)。
自動車を所有している人が加入を義務付けられている――強制保険です。
自賠法では、自分のために車を運転する人が人身事故を起こした場合に原則としえ責任を負うこととし、実質的な無過失責任による被害者の救済を図っているのです。
どちらかと言えば、事故を起こした際に、事故の被害者を救済するための保険です。

自賠責保険の活用法

被害者一名に対する支払い限度額は定められておりますが、事故ひとつあたりの限度額に関する規定はありません。
保険期間中に保険金の支払いが何度あっても、その支払い限度額は減額されないのです。
すべての自動車(農耕作業用小型特殊自動車※ が除かれて、代わりに原動機付自転車が含まれます)は、自賠責保険をつけなければ走行してはいけないことになっています。
自賠責保険への加入を証明するものが自賠責保険証明書で、自動車には、この証明書を必ず常備しておき、いつでも提示できるようになっていなくてはならないのです。
実際に事故があったときに補償をするのは国なのです。それでも、すべての自動車所有者・免許取得者には事故を起こさずに安全運転で運転していただきたいものです。

※トラクターのこと

保険情報について


自賠責保険のカテゴリ記事

このページの先頭へ