がん保険(損害保険)

保険商品
がん保険
保険種別
損害保険

がん保険の特徴

補償の対象を「がん」に特定した医療保険で。入院保険金・手術保険金の他に、被保険者が「がん」と診断された場合にも給付金が支払われています。
「血液のがん」と呼ばれている白血病にも、「上皮内がん」と呼ばれる「初期段階のがん」も補償する場合もあります(がんが粘膜の一番上の上皮内にとどまっていて、粘膜の一番下を構成している基低膜がまだ破壊されていない状態を上皮内がんといいます。後述しますが生保損保共に会社によって取り扱いの分かれる症状です)。
商品の名称・内容などは保険会社によって異なります(「女性がん保険」と個別にリーフレットを作成している会社もあります)。

がん保険のメリット

この保険では次のような保険金が支払われます。
まず、がん診断保険金(「給付金」という表現方法をとっている会社もあります)。これは、医師によって被保険者が「がん」と診断確定された場合に支払われます。
「がん入院保険金」は、医師により被保険者が「がん」と診断確定されて、診断された病気の治療を目的として入院を開始した際に支払われるもの。
「がん手術保険金」は、医師により被保険者が「がん」と診断確定され、その治療を目的とした手術を受けた場合に支払われています。
他に、「手術保険金」に上乗せして「特定手術保険金」や「退院後療養保険金」、「通院保険金」(がんで所定日数入院した場合に、入院前退院後に通院すると支払われます)が支払われる場合もあります。

がん保険の活用法

前述した「上皮内がん」は、上皮内がんの段階では無症状であることが多く、手術やレーザー治療で殆どの場合は完治します。が、前述したように、生保損保あわせた保険会社により取り扱うかどうかが分かれているタイプのものなので、多くの会社から選んで選択しようと思ったら、「上皮内がんも補償している」と明言している会社を選択すると良いと考えられます。
時代が進むにつれて、生保損保双方で発展して給付内容も増えてきた分野です。よく調べて、給付内容が充実していると思われる内容を取り扱っている会社の保険を選んで、「がん」という病気に備えてください。
加入した時期と診断された時期などにより保険金が支払われない場合がありますのでご注意ください。

保険情報について


がん保険(損害保険)のカテゴリ記事

このページの先頭へ