手術特約

保険商品
手術特約
保険種別
生命保険特約

手術特約の特徴

手術を受けた際に支払われる特約商品です。所定の手術を受けられた方にお支払いされます(契約者様がご契約なさる際に「定款・約款」という冊子をお渡しすることを義務付けておりますがこの冊子を読まれるとこのあたりのことも載っていますのでお持ちの方は読まれることをおすすめいたします)。
帝王切開で出産された方には支払われますが、美容整形目的で手術を受けられた方には支払われないととらえておくと良いです。
基準となる「基準給付額」が設定され、手術の種類に応じて給付額が決まっていきます(ガンの根治手術に40倍、腹膜炎に20倍・虫垂切除術→ポピュラーな表現をすると「盲腸」の手術なら10倍といったところです)。
なお、保険会社によっては、疾病関係特約の中に「手術給付金」という形で含まれていることがありますのでご注意ください。

手術特約のメリット

今日、日帰り入院(別名を「0泊1日入院」とも言います)で手術だけ受けるというパターンも増えています(今日では、あまり長く入院させない傾向が病院側にもあるらしく、その流れにより、疾病の際の入院特約が入院初日からストレートに支払われるようになったという見方もあるのです)。
入院期間が何日でも、患者さんは手術を受けたら手術の費用を病院に支払っているわけです。
そのあたりをフォローしたわけです。
近年会社によっては規定が変わり、特約でフォローできる手術の範囲が広がりましたことをここで付け加えておきます。

手術特約の活用法

病気にかかって手術を受けるとひとくちに言っても、病気の重さ難しさによって手術の難しさも違ってきます(病気の重さによっては、手術に5時間以上時間がかかることだってあります。その分患者に体力が要求されたりします)。
それでも、金額の大小はあれど、入院費・治療費と別にして手術費用は必要とされます。
その手術費用がフォローされるこの特約は、主契約の加入時期や見直し時期によって扱われる手術の種類の数は違うものの、かけておいて良い特約であるはずです。

保険情報について


手術特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ