通院特約

保険商品
通院特約
保険種別
生命保険特約

通院特約の特徴

この名前の代わりに「退院特約」という名前で販売をしている会社もありますので、さまざまな会社の商品を比較する際には気をつけたほうが良いと思われます(どの生命保険商品にも言えることですが)。
通院給付金のお支払いは、退院日の翌日から120日以内に通院の時に発生します。つまり「入院していたこと」が前提となりますのでご注意ください。
入院して治療を受けて、体力が回復するなどして退院したけどまだ主治医の診察が必要ということは多々あります。そういった状況をフォローする特約です。

通院特約のメリット

病気になったり怪我をしたりして、入院して治療を受けて、ある程度回復したけれどもまだ主治医の診察が必要だから通院を余儀なくされる、というひとは多いです。
そんな状況の方をフォローしています。
支払われる金額は、入院した際の給付額と日数、保険会社によっては通院日数によって決まります。
今日では病気にかかった際にお金が必要になる場面が本当に多岐にわたっていて、生命保険会社もその辺りのフォローがきめ細やかになってきています。
ある意味その象徴である特約だと思われます。

通院特約の活用法

「入院していたこと」が前提となって、それに伴う通院に対して支払われる通院特約です。
大きな病気をして長く入院されていて、退院はしたけれども通院加療が必要な場合に効力を発揮する特約です。
ただ通院しただけでは支払われませんので(公的医療保険制度によって本来の金額より安価になっているわけですし)注意が必要です。
あまりにも不摂生な生活を送っていますと、こういった、医療でフォローしなくてはならない領域は増えてきます。
他にも加齢に伴って、身体のあちこちに「ガタがくる」ことも多いので、考えておく必要があるかどうかよく検討しましょう。

保険情報について


通院特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ