リビングニーズ特約

保険商品
リビング・ニーズ特約
保険種別
生命保険特約

リビングニーズ特約の特徴

定期保険特約付終身保険の項で書いたかもしれない名前ですが、今日、大きめの保障のいわゆる「主力商品」と呼ばれているタイプの保険商品に加入するとたいがい自然とついてくる特約です。
特別な保険料はいただいておりません。
「余命6か月以内と判断されるとき、死亡保険金を前払請求することができます」という質のものだからです。いくら前払い請求するかは契約時に決定します。
死亡保険金の中からいくらまでリビング・ニーズに当ててよいか、というのは制限がありますので、注意してください。

リビングニーズ特約のメリット

そもそも設定した保障に対する保険料に費用が含まれていて、保障の中から「『余命6ヶ月以内と診断された際に死亡保険金を生前に受け取る』かどうか選択をする」だけの話なのです。
今日では、生命保険に加入することは、「生活サポート特約」の項でも書きましたが、からだを壊して働けなくなった時や重い病気にかかった時の費用を工面する手段、という側面もあります。
がんにかかった時にQOL(意味は後述します)のためにホスピスに行くための費用にするという選択肢が入ってくるわけですし。

リビング・ニーズ特約の活用法

がんにかかった時にQOL(「クオリティ・オブ・ライフ」の略語。「特に医療・福祉分野で、延命治療のみに偏らずに、患者の生活を向上させることで、患者の人間性や主体性を取り戻そうという考え方」※という意味)のためにホスピスに行くための費用にするという選択肢を選ぶ、というのもこのリビング・ニーズ特約の活用法のひとつです。
これは、余命=残された時間をいかに使うか、という問題にも関わってきます。介護サービスを受けるのに使用しても良いですし(特に介護保険の恩恵を受けない年齢でこういうことになってしまったと仮定すると有効かと思われます)、自宅で過ごす、最後の時を迎える前に旅に出るのに使う、ということをしても良いかと思います。

保険情報について


リビングニーズ特約のカテゴリ記事

このページの先頭へ